泌尿器科女医の「ほのぼの日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 来生たかおSymphonic Concert 2015-2016 〜 夢のあとさき〜!!

<<   作成日時 : 2016/04/18 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

来生たかおさんの40周年記念コンサートは、札幌交響楽団とのコラボ

「Symphonic Concert 2015-2016 〜夢のあとさき〜」

画像


編曲と指揮は渡辺俊幸さん



来生さんのコンサートは5年ぶり

前回はソロコンサート

そして、札幌公演は東日本大震災のすぐ後でした




今回は札響とのコラボで、しかも会場がコンサートホール「Kitara」

「Kitara」 は音響が良いので、とても楽しみでした〜

土曜日の夕方だったので、余裕で会場に到着



いつものようにクロークにコートを預けて


待ちに待ったライヴの始まり




今年は来生さんの歌手活動40周年の記念の年


ここ数年で40周年を迎えるミュージシャンが沢山いらっしゃいましたが・・・

達郎さま、ユーミン、井上陽水さん、さだまさしさんなどなど・・・



こうして振り返ると、私達の世代は

素晴らしいミュージシャンの音楽を、リアルタイムで聴くことができて

それが今も色あせない・・・、という幸せな世代ですね




ところで、来生さんの40周年の記念アルバム「夢のあとさき」 は

新曲を含む全26曲が、新しいアレンジで生まれ変わっています

画像




そして、いよいよコンサートの始まり〜



オープニングは 「シルエット・ロマンス」

私も 昔からよく歌っていたので、テンション上がりましたねぇ・・・

しかもオーケストラの美しいアレンジ


札響とのコラボと言えば、さだまさしさんのコンサートも数年前に「Kitara」で・・・

やはり渡辺俊幸さんのアレンジで・・・


来生さんもさださんも、指揮をしている渡辺さんも、ホントにステキですねぇ・・・




ところで、コンサートの時の来生さんは無口なイメージだけど

今回は、いろいろなお話をされていました


その中でも、興味深かったのは将棋の米長プロのエピソードから


運は自分にとって大切じゃないところに潜んでいる


という言葉



来生さんにとっては・・・、例えば、曲作りを頼まれた時

超大物歌手と、あまり売れていない歌手

どちらに力が入るか・・・、と考えた時

普通なら、超大物歌手の曲を優先してしまいがちだけど

来生さんは、常に同じように曲作りをしていて

そして、思いがけない曲が評価されて、今の自分がある


という、お話し・・・

共感できますね




ちょっと話は違うかもしれないけど


私の母校の大学のテニス部では毎年部誌を作っていて

部員が好きなことを書いて、それを載せた冊子だけど

例えば、エッセイや、詩だったり、短編小説のようなものだったり

近況報告だったり・・・

その内容はともかく、部誌の名前が 「ワンポイント」



テニスの試合では勝敗を分ける「一球」、というのがあって

でもそれは、試合が終わって振り返った時に

あの時だった・・・、と気づくもの

だから、すべての 「ワンポイント」 を大切にしなければならない


常に 「この一球は唯一無二の一球」 と思ってプレイしなければならない


という事なのです



この精神は今でも私の中に残っています


仕事でも、趣味でも

これは頑張らなければ・・・、これは手を抜いても良い・・・

そんなことを考えてはいけない


勿論、手を抜いていないのに、

自分の実力が伴わなくて

手を抜いているように見えてしまうこともあるかもしれないけれど・・・



一見、大切じゃない、と思うもの

ふと、手を抜いてしまおうかな・・・、と思ってしまったもの


その中に 「運」 は潜んでいるもの・・・、なのです



そういえば、子供の頃から、母にいつも同じようなことを言われていました

どんな小さなことも手を抜かないように・・、って




ということで

ここで、セトリをのせておきま〜す

第一部

1.シルエット・ロマンス

2.針の雨

3.流れる・・・

MC

4.夢の途中

5.いとしいあした

6.余白の街

7.風と共に去りぬ



第二部

 三橋美智也 「古城」

 井上ひろし 「雨に咲く花」

8.挿話(エピソード)

9.まなざしの彼方

10.マイ・ラグジュアリー・ナイト

11.セカンド・ラブ

12.風のニュアンス

13.明日物語


アンコール

Goodbye Day

浅い夢





どの曲も好きだけど


やっぱり、「いとしいあした」、「セカンド・ラブ」

そして、「Goodbye Day」、「浅い夢」  が好きですね




特に 「浅い夢」 はヴァイオリン2台とピアノだけ


その一瞬のときめきで・・、あなたを選んでしまった・・・


人を好きになる時って、そんなものかもしれませんね・・・





来生さんのコンサートの後は


用事があって一緒にコンサートに行けなかった友人と待ち合わせ〜


久しぶりに会った彼は、いつものように優しい笑顔



そして、これも久しぶりの バー 「STYLISH D」


ここは遅い時間になると二次会で混雑するけれど

比較的早い時間だったので

ピアノの弾き語りをBGMに

美味しいスコッチを飲みながら ゆっくり話ができました



私は少しだけお腹がすいていたので

サラダと

画像


ソーセージ・・・たべかけ・・・

画像


そして、オリジナルのチョコレート・・・、美味しかったぁ〜

画像




勿論話題は来生さんのコンサートのこと

そして音楽のこと、仕事のこと・・・



違う世界に生きている二人だけど、

音楽の趣味が、全く同じで・・・話は尽きない・・・



と、その時 カーペンターズの 「青春の輝き」 の弾き語り

最近この曲をカラオケで歌ったばかりだったので

なんだかとても、嬉しくなって・・・



彼もこの曲がお気に入りらしく

気づいたら二人とも口ずさんでいました・・・




とはいえ、最近睡眠不足で

来生さんの歌と友人のやさしさに癒されて・・・

ついつい眠気が・・・






二人が初めて出逢った日のこと

あなたは憶えているかしら

海辺の街の飛び散るきらめきと 飛び交うざわめきの中で


あなたの静かな横顔がひときわ目をひいて

それは 明るい海辺には不似合いな メランコリー


どこか遠くをみているような 

あなたのその静かな眼差しに 心を奪われて・・・


その一瞬のときめきで、私はあなたを選んでしまったの・・・



まるで浅い夢をみているように

私の身体も妙に軽くて 浮き上がりそうになってしまい・・・

無意識に 私はあなたの手を掴んでいたのよ・・・



それが すべての始まりだったなんて・・・ 気づかずに・・・





「お〜い!! また、うたた寝しちゃったの〜??」


「あれ〜、ごめんなさい  ホントに悪い癖よね・・・  

いつも心配かけてごめんね〜

あなたと一緒にいると、ホッとして、ついうたた寝・・・

というより 浅い夢 かしら


「そろそろ帰ろうか・・・」


「そうね また会えるから・・・



お店の方に見送られて、ビルを出ると


突然強い風が吹いて 私の身体が浮き上がりそうに・・・



人知れず 私は・・・ あなたの手をとった・・・




今度は一緒に 来生さんのコンサートに行きましょうね・・・








このブログは 来生たかおさんの楽曲 「浅い夢」 を題材にしたフィクションが含まれています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
夢の途中 好きです。
太朗冠者
2016/04/19 07:54
いつもありがとうございます。来生たかおさんも40周年だったんですね。ヒット曲も多く、素晴らしいですね。おめでとうございます。「運は自分にとって大切じゃないところに潜んでいる。」思い起こせば、いろいろ運を掴み損ねた経験ありましたね。残念!
先生の浅い夢、夏の日の出来事だったら、もっとリアリティがあったのでは?くれぐれも御自愛ください。
気仙のまっさん
2016/04/19 15:22
夢の中にいるようなコンサートの後に心通う友との語らいハッピーな1日でしたね。
RYO
2016/04/19 18:53
太朗冠者さんコメントありがとうございます
夢の途中、私も好きです。
さよならは、ふたたび逢うための遠い約束、なんて、素敵な歌詞ですよね
そう思うと、すべてのことが未来に繋がっているような気がします
ほのぼの
2016/04/23 00:16
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます
何が幸運か不運かは、後にならないとわからないものだと、最近実感しています。
全てのことが、自分の撒いた種が実ることによって起こるとすれば、一瞬でも手を抜くことはできないような気がします。

そして、人との出会いも、期が熟すことによってもたらされるのかもしれません。

今回の私の妄想は、リアリティを求めると、リアルになりすぎるので歌詞に忠実にかいてみました
でも、私と友人にしかわからないリアルが点在…ということで
人生は、なにが起こるかわかりませんね。
今撒いた種が、いつか素敵な花を咲かせる時を待ちましょう
ほのぼの
2016/04/23 00:34
RYOさんコメントありがとうございます
とても素敵なコンサートでした。
そして、久し振りに友との楽しい語らいの時間が持てて幸せでした
感性が同じ人と一緒にいると、ホントにのんびりしますね。
お互いに、同じものが好きで、相手の考えていることがすぐにわかる、そんな人が傍に居て、美味しいお酒と、音楽がある、これほどの幸運はないような気がします
ほのぼの
2016/04/23 00:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
来生たかおSymphonic Concert 2015-2016 〜 夢のあとさき〜!! 泌尿器科女医の「ほのぼの日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる