「春よ、来い」、ユーミンのメッセージ!!

昨日のNHKの「SONGS」は松任谷由実さん
変わらず素敵なお姿でした

ユーミンの歌の歌詞のように、ユーミンは私の青春そのもの・・・

高校生の時に初めて「ひこうき雲」を聴いてときめいて

「あの日に帰りたい」「卒業写真」「やさしさに包まれたなら」「ルージュの伝言」「魔法の鏡」「シンデレラ・エクスプレス」などなど・・・
今でもイントロを聴いただけで、胸キュンです

盛岡にいた頃は、アリーナツアーにも足を運んでいたけど、
とにかくすごいまるでサーカス、いえ、それ以上

だってユーミンが何処から登場するかわからないのです

衣装もすごく派手で、カッコよかったなぁ



それはさておき、
昨日の「SONGS」は、東日本大震災チャリティー企画 「(みんなの)春よ、来い」プロジェクト

ユーミンの「春よ、来い」のコーラスを芸能人や一般の人に歌ってもらって、新しい「春よ、来い」を作成

それをインターネットで世界に配信して、収益を被災地に寄付する、というもの

さすがユーミンと松任谷正隆さんはスケールが大きいですね

NHKのホームページから自分の歌を投稿できるみたいなので、参加してみるのもいいかもしれませんね

私はシャイなので・・・・・・



ところで、「春よ来い」って童謡もあるけれど、昔からこのタイトルが不思議だな~、って思ってました

「来い」って言うとなんとなく命令口調なのに、その割に控えめな印象で

「早く来てください、お待ちしてます」みたいな感じもあるし・・・、

日本人が春を待ち望んでいる気持が、とてもよく表れていて・・・

やっぱり「桜」の存在って大きいんだな、って思います



被災した地方にも桜が咲き始め、季節はもうすでに春です

でも本当の意味での春はまだまだ・・・


桜の開花を心から喜ぶことのできる日が、一日も早く訪れますように・・・

祈らずにはいられません




番組の中で披露された曲は、「春よ、来い」の他に、「守ってあげたい」
そして新しいアルバム「Road Show」の中の、「ダンスのように抱き寄せたい」と「バトンリレー」


          4月6日にリリースされたばかりの「Road Show」

画像


「ダンスのように抱き寄せたい」、ユーミン独特の表現ですね・・・

この曲を聴いて、私なりに感じたこと、

年とともに、ダンスはもう踊れない、ということに気づいてしまうけど
どんなに疲れてみじめに見えても、その腕を離さずに
ダンスを踊る代わりに、ダンスのように抱き寄せてあげたい


時が移り変わっても、あなたが戻れる場所はいつもここにあるよ・・・みたいな。

年を重ねるとともに愛情表現の方法も変わっていく、ということなのかなぁ・・・なんて思います


やっぱり、ユーミンの曲にはいつも、「あなたはあなたのままでイイのよ、私が守ってあげる、だから頑張って」って言うメッセージがこめられていますね




今年は久々にユーミンの全国ツアーがありま~す

札幌は5月28日、29日の2日間

私も行く予定


CDも発売直後に購入しました~

今から楽しみで~す

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にゃろめ
2011年04月22日 08:05
ユーミンの声はとても独特だから、一瞬聴くだけで、知らない歌でも、ユーミンかなって思います。
それって、歌手にとってはとても重要なこと思います。
桑田佳祐さん、櫻井和寿さん、宇多田ヒカルさん、稲葉浩志さん・・・売れているミュージシャンはみんな、知らない曲でも一瞬聴くと、わかる気がする。
ほのぼの
2011年04月22日 21:45
にゃろめさんこんばんは
そうですよね、ユーミンの声には不思議な魅力があります。
曲作りの才能とその声が融合して、独特の雰囲気を作っていますよね
それと、やはりご主人の松任谷正隆さんのプロデュースが素晴らしいです。
ユーミンをはじめ、竹内まりやさん、原由子さん、今井美樹さん・・・、皆さん素敵なご夫婦ですね

この記事へのトラックバック