東風吹かば・・・、「飛梅伝説」

札幌のソメイヨシノの開花宣言は3日遅れの5月7日、でも寒~い雨の日曜日だったのでお花見には行けず・・・

そんな時、ゴルフ友達から写真が送られてきました~


              円山公園の桜と梅

画像

画像

画像



なんて綺麗なんでしょう

私のデジタルカメラとはちょっと違うなぁ~

っていうか・・・、ヒデちゃん!!カメラもイイけど腕もイイですよ



春というと桜ばかり注目されるけど、札幌は梅も桜もほとんど同じ頃に咲きます

札幌の桜は「ソメイヨシノ」の前に「エゾヤマザクラ」が満開になって、
なんとなくそれでお花見が終わったような感じになっちゃうけど・・・


でも、そのあとに「八重桜」が咲いたり、結構楽しめる期間が長いんですよね


クリニックの前の道路の中央分離帯に咲いているエゾヤマザクラ

画像


花と一緒に茶色の葉が開くので、なんとなく綺麗さが半減してしまうのが残念・・・



もともとお花見は梅の花を見るものだったのですが、

平安時代に桜の花に魅せられた嵯峨天皇が桜のお花見を始め、

桜に恋した貴族達も桜を愛でるようになり・・・、以来お花見といえば桜





でも、ホントは私、梅も大好きです

太宰府天満宮の「飛梅伝説」を知ってから・・・



太宰府天満宮の本殿に向かって右側にある御神木「飛梅」の伝説・・・


菅原道真公が京から大宰府に左遷され、

出発の時に、庭の梅の木に想いを残し・・・

「こちふかば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
と詠まれました

主人を失った梅の木は、道真公を慕うあまり、あとを追うように大宰府へ一夜にして飛来した・・・


これが「飛梅伝説」


なんてロマンチックなのでしょう




「飛梅伝説」を知ったのは、さだまさしさんの「飛梅」という歌を聴いて・・・



「心字池にかかる三つの赤い橋は、一つ目が過去で二つ目が今・・、三つ目の橋で君が転びそうになった時・・・」 という歌詞で始まります

太宰府天満宮の境内にある「心字池」は、「心」という字の形をした池で、三つの橋がかかっています。


三つ目の橋、つまり未来を意味する橋で転びそうになる・・・っていうのは、二人のその後を暗示していますね



サビの部分の歌詞が、

「あなたがもしも遠くに行ってしまったら、私も一夜で飛んでゆくと云った、忘れたのかい、飛梅~


別れてしまった恋人を思って、
あの日、あなたの元へ飛んでいく、と言っていたのに・・・、君は忘れてしまったのかい・・・



そんなせつない歌です



誰だって、飛梅になれたら・・・って思った時はあったはず

想いを寄せる人のところに今すぐにでも飛んでいきたい・・・

その気持ちは嘘でも偽りでもないけど、

時の流れとともに、人の心も変わるんですね・・・



さだまさしさんがこの曲を作ったのが1977年、

20代半ばで、こんなに素敵な詞が書けるなんて・・・やっぱりすごいなぁ・・・




数年前の4月に学会で福岡に行った時、太宰府まで足をのばしました。

心字池を渡って・・・、「飛梅」を見て・・・

参道で買った焼きたての「梅ヶ枝餅」を歩きながら食べて・・・

美味しかったなぁ~




なんて・・・ヒデちゃんの梅の写真から、話が飛んじゃったなぁ・・・


写真ありがとうございましたぁ~


人混みが苦手な私は、夜こっそり裏参道を車で走って夜桜見物ばかり


お蔭さまで綺麗な梅の花を見ることができましたぁ~



最後に中島公園の「豊平館」の桜をどうぞ・・・
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

よしべぇ
2011年05月19日 00:16
福岡にずっと住んでいて、大宰府もよく行っていたのに、さだまさしさんのその歌は知りませんでした!!
本当に切なくて、いい歌詞ですねぇ・・・☆

ほのぼの先生のブログを拝見して、ロマンチックな気持ちになったと同時に、久しぶりに梅が枝餅が食べたくなりました・・・
おいしいですよねぇ
ほのぼの
2011年05月20日 00:46
よしべぇさんコメントありがとうございます
さださましさんのコンサートは年間100回以上で、全国各地を訪れています。
その地方の歴史など、いろいろ調べて歌を作っています。
しかも、その舞台に新たな物語をのせて・・・。
いわゆるご当地ソングみたいなものだけど、奥が深いんですよね
きっと人間が好きな方なのだと思います
本当に勉強家で、引出しをたくさん持っていらっしゃる方です。
たとえば北海道なら「北の国からのテーマ」、岩手は「イーハトーブ」、私が好きな「檸檬](れもん)は梶井基次郎さんの小説を題材にして、舞台は湯島天神、などなど・・・。

私の夢は、さだまさしさんの歌の舞台になった土地を旅して歩くこと
でも、一生かかっても回りきれないくらい、たくさんあって、それに、なかなか時間がとれないので、歌を聴いていろいろ想像して楽しんでいます

梅が枝餅、すごく美味しいですよね
初めて食べた時はちょっと感動しました。
また食べに行きたいです

この記事へのトラックバック