横浜マリンタワーとシンガポールの夕陽

横浜に戻ると、まだ6時前なのに、もう日がすっかり暮れて

日没がかなり早くなっていますね、
でも、夜が長いのも良いものです・・・、夜景を長く楽しめるから・・・


マリンタワーのイルミネーションを目指して・・・

画像

今まで何度も横浜に来ていたのに、このイルミネーションを見てから急にマリンタワーが気になって・・・


横浜マリンタワーは1961年竣工で、2009年5月23日にリニューアルオープン

全長 106m 

1階にイタリアンカフェとバー、3階は結婚式場とホール、4階はレストラン

展望台は29階と30階で~す

最初は燈台としての役割が中心だったようですが、今は勿論夜景スポット



2階で入場チケットを購入して、展望台へのエレベーターの列に・・・

と思ったら・・・、エレベーター係の女性の他に、一組の男女がいるだけ・・・

週末だというのに、めっちゃ空いてる・・・


まあ時間も早かったですからね、

普通は食事をして、ほろ酔いで、ロマンチックに夜景を・・・、って感じで

食事の前にまずマリンタワー・・・、なんて考えないかも・・・

でも、酔っちゃうと、面倒になりますからね~   

年だから・・・


エレベーターは外が見えるので、結構緊張

実はワタシ高所恐怖症で・・・

なのにタワー好き


30階の展望台は思った通り素敵でした

数組のカップルがいるだけで、静か~な雰囲気

勿論360度横浜が見渡せます・・・・


                みなとみらい

画像


               ベイブリッジと大黒埠頭

画像


                山下公園の船

画像


                そして夜景をバックに

画像

       最近のカメラは優秀ですね・・・人物と夜景が一緒に撮れます
       まるで額に入った写真の前にいるみたい


そういえば、マリンタワーは昨年4月に「恋人の聖地」に認定

プロポーズ・スポット・・・らしいです


私もあやかって、ちょっとだけ幸せな気分になって、展望台をあとに・・・

下りのエレベーターから見える夜景が、名残惜しさを醸し出し・・・



2階に到着してエレベーターを降りると、お帰りコースが決まっていて、オリジナルグッズショップへと誘導さるように・・・


          まんまと買ってしまいました・・・マリンタワーキティ

画像

             キティちゃんは何をしてもカワイイ・・・




さて、マリンタワーを出ると、お待ちかねのアルコールタイム

お腹の中にはまだホットケーキが残っていたので、食事を省略して、以前から行きたいと思っていたバーへ


               「PILGRIM 19th CLUB」

画像


横浜市の歴史的建造物にも認定されていて、とても重厚感漂う雰囲気

お店の中は英国のクラブハウスをイメージ

          カウンターの他に、ソファ-やテーブルの席も
 
画像

画像


調度品もアンティークで品があって、天井が高いので圧迫感がなく、しかも、落ち着いた雰囲気

JazzのBGMで心地良さが増して・・・、お店というより、サロンのような感じ


        クラブハウスと言うだけあって、壁には素敵な写真が

画像

          バイロン・ネルソンとベン・ホーガン
          
          やはり、ゴルフは紳士のスポーツですね


お店の方もとても紳士的で、会話の邪魔にならず、気配りが行き届く距離感



お酒も勿論美味しく

            オリジナルカクテルの「ヨコハマ vol.2」

画像


            「ナインティーンズ クラブ マティーニ」

画像


            そして、久しぶりに 「シンガポール スリング」

画像


私が一番好きなカクテルは「シンガポール スリング」
どこに行っても、最後にはこれを飲みたくなっちゃう


シンガポールのラッフルズホテルのバーで作られた、有名なカクテルです

シンガポールの夕陽をイメージしていて・・・

一般的なレシピは、ドライジンとチェリーブランデー、レモンジュース、シロップ、そしてソーダ水

ラッフルズホテルのオリジナルは、ソーダ水じゃなくて、パイナップルジュースなどが入って、もっと甘いらしいです・・・飲んだことはないけれど



私がこのカクテルを知ったのは、今は亡き森瑤子さんの小説

タイトルは忘れたけれど、主人公の女性がラッフルズホテルで「シンガポールスリング」を飲んでいる描写が、すごくカッコ良くて・・・

20代後半頃から、森瑤子さんの小説を読みあさっていた私は、素敵な大人の女性に憧れて、なんとなくこのカクテルを注文するように・・・

しかも、瑤子さんの小説はほぼ全部読みましたね~


そして、私の好きなお酒「カルヴァドス」も、彼女の小説で知って・・・

カルヴァドスは、フランスのカルヴァドス地区で作られる林檎の蒸留酒

今では私の一番のお気に入り


心を許せる相手と素敵なバーにいて、翌日に大切な予定がない時は、カルヴァドスをストレートで・・・

最高に幸せな瞬間・・・ですね・・・


そんな素敵な空間で、その日の出来事や仕事、ゴルフの話に花が咲き・・・、

横浜の夜景とシンガポールの夕陽に、かなり酔ったワタシ・・・




ふと、ユーミンの「旅立つ秋」が聴こえてきて・・・


私、今日は絶対に眠らない、って決めてきたの・・・

だって、このまま眠ってしまったら、あなたとはぐれてしまいそうだから

愛はいつも束の間・・・

明日になれば、あなたの腕の中で笑う私はもういないのね・・・


夜明け前に見る夢は本当になる・・・なんて、信じはしないけれど

悲しい夢はもう見たくない・・・


明日 霜が降りていたなら、それは凍った月の涙・・・

そして、私のナミダ・・・

その泪を残し・・・、秋は木立ちを抜けて、今夜遠く旅立つ・・・





「・・・・・あれ~、もうこんな時間・・・・

時計を見ると夜中の3時・・・ テレビもついたまま・・・

すっかり泥酔して、いつの間にか爆睡・・・

眠らない、って言ってたのに・・・

結局また、はぐれてしまったのねぇ・・・


しょうがないから、気を取り直してまた寝よっ、と・・・



翌朝カメラを見ると、こんな写真が残っていて・・・

画像

ホテルの1階の結婚式場

酔ってても綺麗なものには反応してたのね

自分がコワイ・・・



それにしても、楽しかった鎌倉横浜散歩

今回も充実した旅だったなぁ・・・


一日お付き合いしてくれた友人に感謝


また、よろしくお願いしま~す




このブログは、ユーミンの「旅立つ秋」をモチーフにしたフィクションが含まれています

この記事へのコメント

さし絵テラ
2011年11月21日 14:17
うひゃ~・・・雪虫キティにタワーキティ・・・。横浜のバーあこがれですね・・・。漫画で横浜のバーを舞台にした「レモンハート」これでボクはカクテルやバーの憧れを持ちました・・・。うらやましい・・・。静寂なシチュエーションって大事ですよね。居酒屋なんかは隣がうるさくて当たり前・・・勘弁して欲しい・・・バーに行けと言われるか
ほのぼの
2011年11月21日 23:57
さし絵テラさんこんばんは
「レモンハート」私も読んでました
昔勤務していた病院の当直室に単行本が置いてあって、コミックなので寝る前のリラックスに丁度良い感じで・・・
この本で結構カクテルのウンチクを勉強しましたが、今ではほとんど忘れていますね
もともと、ウンチクを語りながら飲んだり食べたりするのは苦手なんです
でも、カクテルやお酒のネーミングの意味がわかると、別の楽しみ方ができますよね
私はJazzを聴きながら、ウォッカかジンベースのカクテル、カルヴァドスにチョコレートがあれば幸せです
さし絵テラ
2011年11月26日 21:52
わお~ほのぼのさん「レモンハート」読んでました。ボクも寝る前に読み1日の疲れをとりました。ウォッカ・ジン好きです。メガネさんの愛飲のタンカレー・・・。元妻に「レモン」全巻捨てられ・・・また買い揃えようと思っていますウイスキーにポッキーも好きです。JAZZ
聞きながらブログ打ってます・・・。
ほのぼの
2011年11月28日 22:08
さし絵テラさんこんばんは「レモンハート」捨てられちゃったんですか~
もったいないですね~
でも、人それぞれ価値観があって、誰かにとって大切なものも、他人にとってはゴミになることもありますからね~
また買いそろえて新たな気持ちで読み返すのもイイかも・・・です

私は大学時代に「エースをねらえ!!」全巻をテニス部の後輩に貸したまま、返してもらえなかったのが今でも心残り・・・
全巻買ってもう一度読みたいのですが、その後ゴミになるのが怖くてまだ手に入れていません
そもそも、まだ売っているのかどうかも不明・・・

この記事へのトラックバック