冬物語

ほぼ月1回放送されている「今夜も生でさだまさし」、今回は1月29日の0時からで、会場はNHK岡山放送局

タイトルは 「お、かやまいいぞう!吉備といつまでも・・・」

毎回、このようなオヤジギャグ的なタイトルがつけられて、そのオヤジっぽさがイイですね~

(このタイトルを考えているのは、さださんじゃありませんので・・・)

そして今回は加山雄三さんを題材にしていますが、加山さんはさださんの憧れの人で、曲作りのきっかけになった方・・・なんですね


この番組は、視聴者からの葉書を読んで、さださんが個人的な意見を真面目に面白く話しながら、時々局アナがその地方の特色を披露する・・・

という、とてもゆる~い感じの番組

ずっと、トークばかりだけど、1~2曲歌うこともあります、勿論ギター1本で


今回歌ったのは 「冬物語」 という歌

2005年にサッポロビールが発売した「冬物語」というビールの缶の絵をさださんが書いて、同じタイトルの歌も作ったのです


「冬物語」は2005年にリリースされた 「とこしへ」 というアルバムに収録

画像

画像



この曲の舞台は札幌

結婚を約束したはずの恋人を吹雪のホームに残し、故郷を捨てて東京に行った主人公が、後に彼女が嫁いだことを人づてに聞いて、それが自分の宝物だったことに気付く・・・

というちょっとレトロで切ない恋物語


スズランのブーケを胸に、嫁ぐ日を夢に見ていた恋人を捨てて行った彼は、自分勝手なのかもしれないけれど

人間って、そういう約束された幸せが重荷に感じられたり・・・

自分の可能性にかけてみたくなったり・・・

「若気の至り」ですまされないこともあるかもしれない・・・、

でも、それが若さなんですね

(年をとってからそんなことをしたら、無責任です・・・



そして、そのライナーノーツには

「青春の傷跡は永遠に忘れない悲しい宝物の一つ・・・・、その傷が深ければ深いほど、実は熱い青春だった証・・・」と書いていて・・・

若い頃は知らない間に人を傷つけたり傷ついたり・・・(今もそうかも・・・?)

でも、実はそれも宝物なのかなぁ・・・なんてしみじみ思いますね・・・


「悲しい宝物」 ていう言葉が素敵です


主人公が「宝物」と思ったものは、その恋人なのか、故郷なのか、傷跡も含めた青春なのか・・・

歌詞の中には「宝物だった冬物語」としか書かれていないので、これはもう聴き手の想像でしかない・・・

こんなふうに、いろんな情景が浮かんできて、詞の意味を考えたくなるのが、さださんの歌の素晴らしさ


ところで、「スズラン」の別名は「君影草」、花言葉は「幸せの再来」・・・

さださんの歌はそんな素敵な事も教えてくれます



この曲はコンサートでもほとんど歌われることがなかったので、ちょっとびっくりだったけど

私はとても好きな曲


実は自宅の冷蔵庫の中に2005年に売られていたビールがあるのです・・・

画像

さだ画伯作

さださんはホントに絵もお上手なんです~


普段ほとんどビールを飲まないけど、この缶の絵がとても素敵で購入

そのうち2本が、飲めないまま6年間も冷蔵庫の中に保存されていて・・・


だって、飲んじゃったら、缶を捨てなきゃいけないような気がして・・・、飲めなくて・・・

いつまで持ってるつもり・・・、って言われても・・・、わからない・・・

プレミアがついても絶対売りません



ところで、さださんは番組の中でこの曲を歌う前に 「僕は冬の歌をあまり作っていないので・・・」、とおっしゃっていましたが、勿論他にもとても素敵な冬の歌があるんですね~

さださんの楽曲は全部で500曲以上もありますので・・・


そして、私のお気に入りの冬の歌が収録されているアルバムは、もしかして私が最も好きな「さだアルバム」かも・・・、というくらい秀逸なバラード曲集


その歌の話を始めると、また長くなるので・・・、次回に・・・



それにしても、昨日までずっとジャズボーカルばかり聴いていたのに、今日はいきなり一日中「さだまさし」

この振り幅の大きさ・・・、って・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

太郎冠者
2012年01月30日 04:22
ほのぼの先生様のブログ
いつも、言葉ある風景の、素敵な絵文字和ませてもらっていますよ。

さだまさし様の関白宣言が、好きですが雪といえば…
なごり雪(風 )が…
好きです。



ピンクのかすみそう
2012年01月30日 22:52
さださんをテレビて見ていると優しい目をした人だなって思います。いつの時代も女性は頑張っていますよね。昭和の頃は ひろみをおいかけるにしても、情熱的な時代でしたよね。北の国からの…しつこいすみません…じゅんくんやほたるちゃんが小さい頃がなつかしい。フラヌイというペンションにも一度行ったことがあります。ご飯がおいしかったよ。いまでもあるでしょうか…
ほのぼの
2012年01月30日 23:52
太郎冠者さんこんばんは
さださんの一番のヒット曲は「関白宣言」ですよね。
でも、当時は女性蔑視の歌詞・・、という批判が出て、女性の支持を得られなったようです。

高校生の頃イルカさんが好きで、「なごり雪」をよく聞いていました
「冬物語」とは逆で、彼女が去ったホームに一人残された彼が・・・、という設定。
悲しいけど、ほのぼのする歌です
イルカさんの声がイイですね
ほのぼの
2012年01月31日 00:08
ピンクのかすみそうさんこんばんは
さださんは本当に優しくて、周囲やスタッフへの気遣いも忘れない方です
そして好奇心旺盛で、勉強家
素敵な方です

富良野にはスキーで1、2回行ったことがありますが、最近は全く行ったことがありません
じゅんくんと蛍ちゃん可愛かったですね

日本人が元気だった、あの頃が懐かしいです・・・。

この記事へのトラックバック