お誕生日とキティちゃんの万年筆!!

先日、クリニックのスタッフからお誕生日プレゼントをいただきました

毎年ケーキやチョコレートでお祝いしてくれて、今年はチョコレートと一緒にキティちゃんの万年筆

画像

画像

画像

カワイイですね・・・
画像

みんなとおそろいなのだそうです


キティちゃんは今年11月1日で38才

なんて若々しいのでしょう

私もキティちゃんが生まれた頃からのキティラーなので

今までいろんなキティちゃんを買ったりもらったりして・・・

妹もよくキティちゃんのグッズをプレゼントしてくれるけど、

万年筆は初めて


みんな、ありがとう~



お誕生日と言えば、子供の頃は家にお友達を招待したり、

やがて、ボーフレンドや彼氏とお祝いしたり・・

大学院時代は動物実験をしながら、犬の尿とホルマリンの匂いにまみれながら、先輩にケーキでお祝いしてもらったり・・・

とにかく誰かにお祝いしてもらわないと誕生日じゃない!! みたいな気がしてたけど

最近は、なんとなく違うなぁ・・・、と思うようになりましたね



以前、さだまさしさんがおっしゃっていました 

「お誕生日は産んでくれたお母さんに感謝をする日」


これはさださんが永六輔さんから聞いたお話・・、とのことですが・・・

それを聞いた時、私はとても大きな思い違いをしていた事に気付きました


子供の頃の私はとてもお転婆で、生傷の絶えない子

家の中を走り回って硝子の戸にぶつかって大出血をしたり・・・

スキーで藪の中に突っ込んで、顔中傷だらけになって、包帯でぐるぐる巻きにされたり・・・

そんな痛い目に遭いながら、良くなるとまたすぐに外に出て

いつも男の子と一緒に、家の塀や屋根伝いに、遊んでいたような子だったから・・・

常に擦り傷だらけ


女の子がこんなに傷だらけになって・・・

将来のことを考えたら、両親は本当に心配だったに違いないですよね

だから、お誕生日がくるたびに、元気でこの日を迎えることができた事を祝わずにはいられなかったんでしょうね


そう考えると、いくつになっても、産んで育ててくれたお母さんに感謝しなければならないし

こうして元気に仕事ができるのも両親がいてこそ

お祝いしてもらうんじゃなくて、お祝いしてあげなくちゃ・・・、って思いますね




そして、お誕生日プレゼント

若い頃は何が欲しい、とか、何が食べたい、とか言っていたけど

今はなんでも嬉しいです


なぜなら、プレゼントを選んでいる時に私のことを考えてくれていた、ということだけでとても嬉しいから・・・


物だけじゃなくて、その人の時間も素敵なプレゼントなのです



今は、誕生日のプレゼントといえば、ちょっとしたお花が届いたりするけれど


今年は母から夏用のスカーフをもらっちゃいました

私が好きなピンクとパープルのペイズリー柄

思いがけなかったので、とても嬉しかったなぁ・・・



そして、毎年必ず電話をくれる友人がいます

彼女の誕生日には私から電話を

彼女と私は同じ年、それ以外は生まれた場所も、学校も、何もかも違う二人だけど、何故か、話が合うんですね

遠くに住んでいるのでお互いに元気なことを確認しあって、近況を話すだけ

でも、この年になると、そんな些細なことがとても大きな意味を持つんです




そして、来年の誕生日もまた、


優しいスタッフと一緒にお仕事ができて


感謝できるお母さんがいてくれて


友達と電話で話をして・・・


そんな普通の日常が続いていくことが、幸せなんだなぁ・・・、って


ふと思うのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

太朗冠者
2012年06月19日 05:19
ほのぼのさんお誕生日おめでとうございます。
ほのぼのさんを育てながらコッコッと生きてた立派な両親様の子供さんで良かったですね。
シバタ
2012年06月19日 11:22
私も16日で39才になりました。割と誕生日近いですね、今年は、友達に、ススキノで祝ってもらい、みどり寿司という寿司屋さんとスナックと居酒屋をごちになりました。あまり、もう年はとりたくないですね
ほのぼの
2012年06月20日 00:20
太郎冠者さんこんばんは
ありがとうございます
両親は放任主義でしたので、私は本当に好きなように生きてきたような気がします。
その代り、自分のしたことには自分で責任をとらなければなりませんでしたが・・・。
いつでも見守ってくれた両親には、本当に感謝しています
ほのぼの
2012年06月20日 00:29
シバタさんこんばんは
お寿司とスナックと居酒屋でごちそうしてくれるなんて、素敵なお友達ですね。
私はお誕生日はなるべくいつもと同じように過ごすことにしています。
特別なことをすると、一つ年をとったことを確認してしまうような気がして・・。
そっとしておけば、もしかして年をとらなくてすむかも・・・、なんて・・・、そんなわけないですよね
でも、最近は年をとるのも悪くないかなぁ・・、とも思います
さし絵テラ
2012年06月20日 16:06
ほのぼのさん、いつも色々なことに感謝の気持ちを持ち感心します。ボクもすべてのことに感謝するように心掛けているのですが、日常のワサワサに、ささくれイライラしている自分に嫌悪します。この前父母が痴話喧嘩をなにもいわず黙って聞いていたんですが。ふたりとも亡くなったら、痴話喧嘩もなつかしくなるんでしょうね。今の環境に対し感謝の気持ちが、やはり大事ですよね
きょん
2012年06月20日 17:56
初めてコメントします。
お誕生日は産んでくれたお母さんに感謝をする日…
私もさだまさしさんから、この言葉を聞きました。
この言葉を聞いた時、当たり前のことなのに、大切なことなのに、すっかりこんな大切な事を忘れていたんだと
反省しました。
9月のニトリホールでのコンサート、私は前夜祭に参加しま〰す。
先生も当然、チケットはもう手に入れていますよね!?
ほのぼの
2012年06月20日 23:57
さし絵テラさんコメントありがとうございます
日常の雑事に追われると、自分に余裕がなくなって感謝の気持ちを忘れそうになってしまいますよね。
私も、両親の諍いに心にもないことを口走ってしまったり、父と喧嘩したこともあります
今は、残された母の姿を見るたびに、過去の自分を反省するしかなくて・・・。
大切なものは失ってから気づくものなので、失う前にできるだけ多くの楽しい時間を過ごしてほしいと思います
ほのぼの
2012年06月21日 00:06
きょんさんコメントありがとうございます
さだまさしさんには大切なことをたくさん教えていただきました。
コンサートは楽しいだけではなく、とても勉強になりますよね
9月のコンサートは前夜祭と後夜祭の通しチケットをゲットしました
父が生きていた頃は、毎年両親と3人でさださんのコンサートに行っていました。
私から両親へのささやかなプレゼント
今年も母と二人で行く予定です。
母は「関白宣言」を聴いていつも涙ぐんでいます・・・

この記事へのトラックバック