「エル・グレコ展」と上野の桜

寒い札幌を抜け出して、この時期としては珍しい東京出張

土曜の夜に会議があったので、いつものように午前の診療終了後に東京へ・・・

札幌は吹雪模様だったけれど、道路状況はまずまずで、定刻通りのフライト~



今回の宿泊はホテルニューオータニ

会の後の懇親会では、いつもお世話になっている先生にお会いして

仕事や趣味の話などなど・・・、情報交換



その後は、いつもなら赤坂の街に・・・、ってところだけど

かなりのお疲れモードだったので、久しぶりにホテルの部屋でのんびり・・・

テレビを見たり、読書をしたり・・・



翌朝はルームサービスの朝食をいただいて、チェックアウト

夕方のフライトまで時間があったので、東京都美術館の「エル・グレコ展」へ



地下鉄上野駅を出て、公園に入ると・・・

なんと、桜が咲いていました~

画像

画像


画像

画像



枝垂桜も

画像

画像


そういえば、東京は前日に開花宣言が出されていましたねぇ・・・


公園内は家族連れや海外からの観光の方など、たくさんの人が・・・


ソメイヨシノの基準木はまだ開花していなかったけれど


小彼岸桜(コヒガン)が咲いていました

画像

画像


開花時期が早くて、お彼岸の頃に咲くため、「コヒガン」という名前が付けられたとか・・・

でも、今年はお彼岸の前に咲いてますね



それにしても、お天気も良く、暖かくて、気持ちイイなぁ・・・

なにより足元を気にしないで歩けるなんて・・・、シアワセ

札幌では、もう3か月以上も地面を見ていませんからね

不思議なもので、いつも下を向いて歩いていると、

気持ちまで下向きになってきて、気分も沈みがちだったけど


少し元気になりました~




そして、桜を見ながらのんびりお散歩~


画像

画像




程なく、東京都美術館に到着

画像

画像


昨年10月の「メトロポリタン美術館展」も東京都美術館でした



「エル・グレコ」を初めて見たのは、22年前に学会で訪れたスペインの「プラド美術館」

スペインを代表する画家といえばゴヤ、ベラスケス、そしてエル・グレコ

でも、エル・グレコはスペイン人ではありません

ギリシアで生まれ、画家としてイタリアに渡り、最後はスペインのトレドに



エル・グレコの絵のほとんどは宗教画で、そのほかは肖像画

なので、風景や、人物が生き生きと描かれていたりするものはありません

しかも、肖像画の人物は、強い眼差しでまっすぐ正面を見据えていて


なんだか、圧倒されるような強さで・・・、少し疲労感が・・・



エル・グレコが描いているのは、「見たままの現実」ではなく「見られるべき現実」

目に見える現実の陰に秘められているものを、あたかも現実のように描く、ということなのでしょうか

なんだか難しいなぁ・・・



代表的な作品

「聖アンナのいる聖家族」

画像


聖マリアに抱かれているキリストと、ヨセフ、そしてマリアの母聖アンナ

この鮮やかな色彩は、独特ですね



そして、「無原罪のお宿り」

画像


原罪を免れて、母アンナの胎内に宿った聖マリア


エル・グレコは教会建築も手掛けていて、

この絵は教会の天井に描かれていたもので

下から見上げると、マリアが天に昇って行くように見えるのだそうです

スケールが大きいですねぇ



ところで、エル・グレコといえば「受胎告知」

十数枚が現存しているといわれていますが、

そのうちの一枚が日本の大原美術館に収蔵されています


受胎告知は、大天使ガブリエルがキリストの受胎を聖マリアに伝えているもの



そういえば、私が通っていた宮の森幼稚園のクリスマス会の劇がキリスト誕生

その時の私の役は、「聖マリアにキリスト受胎を伝える天使」

本当は聖マリアをやりたかったから、なんとなくがっかり…だったけど

今思えば、天使の役は、とても大切だったのですね



な~んて、大昔のことまで思い出して・・・

なぜか幼稚園の頃のことはよく憶えてるんですよね



ということで、懐かしいスペイン芸術に触れた後は

現実に戻って、上野から銀座へ~

山野楽器でCDを買って

銀座かねまつで春物のパンプスを

大好きなバックベルトの靴が見つかりました~




帰りのフライトまでは、空港のラウンジで休憩~


飛行機の中からは、離陸後間もなく富士山が見えました~

画像


勿論写真を撮ったのは、シートベルト着用のサインが消えた瞬間



そして、帰り着いた札幌は、まだまだ高い雪の山に埋もれていました



でも、つかの間とはいえ、一足先に春の訪れを感じることができて


幸運な週末でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

太朗冠者
2013年03月23日 04:03
桜咲くみんなの心に笑顔咲く(^O^)
スパイシーつとむ
2013年03月23日 10:50
初めまして。いつもブログ楽しく拝見させて頂いています。昨年、達郎さんのコンサートを大宮で見て、先生のブログにたどり着きました。雪国の人は下を向いて歩いているなんて気が付きませんでした。こちらは5cm降っただけで大騒ぎです。
一足早い春を感じられて良かったですね。これからも楽しみに拝見させてもらいます。
あやこ
2013年03月23日 16:44
はじめまして。
泌尿器疾患について質問なのですが…。
20歳代女です。完全重複腎盂尿管異所開口、VUR、尿管瘤、水腎症の診断を受けています。私自身、物心ついた頃から尿漏れに悩み毎日生理用品を着けて生活してきました。
尿漏れの量は年を重ねる度に減ってきており、幸いVURがあっても腎盂腎炎を繰り返すというようなことも無いので手術はせず定期的に通院をしています。しかし順調に減ってきていた尿漏れの量が昨日急に増え、夜用でも20分持たずズボンも駄目になるほどに…ということがありました。イメージだとシャワーが閉めきれなくてポタポタ出っぱなし…の様な感じです。今日はそのような症状はおさまりました。
私は4月から合格していれば看護師なのですが、このような状態で働き出すのが不安です。いずれは主治医がいる病院で働きたいな、と思っているので尿漏れの量が増えたくらいで主治医のとこへいったら嫌われないかななど色々考えてしまいます。
尿漏れの変化に加えて、今は排尿時痛と頻尿、何故か微熱もあります。腎盂腎炎を繰り返すこともなくと書きましたが1ヶ月前初めて腎盂腎炎で入院もしました。私の状態は病院に行くべきでしょうか?何故尿漏れの量は増えたのでしょうか?
長文で失礼しました。アドバイス頂けるとありがたいです。お願い致します。

…真性尿失禁は外科的処置しかないと言いますが実際は実は何かあったりしませんか?泣
ほのぼの
2013年03月24日 01:55
太朗冠者さんコメントありがとうございます
桜を見ていると、自然と笑顔になりますね
長い冬から抜け出した喜びと、また一年無事に過ごすことができた、という安堵感でしょうか・・・
お花見、という風習がある日本に生まれて良かった、と思う瞬間ですね
ほのぼの
2013年03月24日 02:10
スパイシーつとむさんコメントありがとうございます
達郎さまのファンの方がブログを見てくださって、とても嬉しいです
札幌はいまだに積雪1m、昼間解けた雪が夜には凍って、路面は鏡のようです。
しかも凸凹しているので、常に足元を見て慎重に歩かなければ危険なんです
車の運転も緊張しますね
だから、桜を見ると、待ち焦がれた春が来たことが実感できて、ホントに嬉しくなります
札幌の開花は例年5月の連休の頃なので、もう少し、頑張ります

私の思い出話や日常を綴っているだけのブログですが、これからも時々覗いてみてくださいね
ほのぼの
2013年03月24日 02:27
あやこさんこんばんは
病気のことに関しては、ブログではお答えできないのですが・・・。
失禁の原因が、異所開口によるものなのか、真性尿失禁なのかわかりませんが、異所開口の部位によっては失禁が悪化することはあるかも知れません。
水腎の原因がVURなのか尿管瘤なのかも不明ですが、いずれにしても現在の頻尿、排尿痛、微熱は腎盂腎炎の再発が考えられますので、主治医にご相談されたほうが良いと思います。
まずはお薬による治療が必要と思われます。
この程度のアドヴァイスになりますが・・・。
あやこ
2013年03月24日 18:55
お返事ありがとうございます(^^)
腎盂腎炎の再発…!考えてませんでした。慢性化してしまうと厄介ですよね…

一度見てもらおうと思います。
太朗冠者
2013年03月24日 20:55
今年もゴルフに学会にコンサートにほのぼの先生さんのキレイな桜咲きますように
にゃろめ
2013年03月24日 22:55
札幌から東京へは飛行機で何時間くらいなのですか?
私は田舎に引っ越してきてから、学会にはまだ1度も行ったことがありません。勉強のためにも専門医の更新のためにも行かなければいけんませんが(笑)。
土曜の診察が終わってから行くのって、、、結構大変なんです。12時38分の電車に乗らなければいけないので、12時までの受付だといつもギリギリになってしまいます。
ほのぼの先生はよく東京に行かれているので、すごくパワフルだなと思います。
ほのぼの
2013年03月25日 20:52
あやこさんこんばんは
体調が悪い時は、遠慮しないで主治医にご相談したほうが良いですよ。
4月からのお仕事も、体に気を付けて頑張ってくださいね
ほのぼの
2013年03月25日 20:55
太朗冠者さんコメントありがとうございます
キレイな桜が咲きますように・・・、私も頑張ります
太朗冠者さんにも、素敵な桜が咲きますように・・・
ほのぼの
2013年03月25日 21:10
にゃろめさんコメントありがとうございます
東京までのフライト時間は1時間15分から1時間半です(風向きによって違います)
その前後の移動を考えると、クリニックを出てホテルに着くまで4時間から4時間半、ってとこですね。
着きたい時間に合わせて、フライト時刻を選んで、それに合わせてクリニックを出ます。
場合によっては外来受付を早目に切り上げることもあります。
移動の時や待ち時間に音楽を聴いたり、本を読んだり・・・、そんな時間が気分転換になって、とても好きなので、出張は全然苦になりません
時にはかなりタイトなスケジュールになることもありますが・・・
普段もそんな感じなので、それもまた楽しいですね
にゃろめさんも時には旦那さんを残して、一人で旅に出るのも悪くないかも・・・
爺yasu
2013年03月26日 22:06
東京出張お疲れ様です!
桜を見たりスペイン芸術を鑑賞されたり
ショッピングを楽しんだりして
東京を満喫した様ですね

先生は元気で何よりも行動力があるので何時も
関心させられてます(羨)

楽しかった様子が目に浮かびますよ☆
でもたまには体も休めて下さいね!
お互い…ですから(笑)失言です★
ほのぼの
2013年03月27日 23:10
爺yasuさんコメントありがとうございます
美術館は予定の行動でしたが、上野に行ってみたら桜が咲いていたので、とても得した気分でした
出張も非日常の時間なので、忙しくても気分転換になります。
飛行機の中や空港のラウンジでのんびりできるので、意外と疲れないです
無理できない年ではありますが・・・。
私の元気の素、でしょうか・・・

80歳過ぎている母が、一人で東京に歌舞伎を見に行ったりしているので、私の元気は母ゆずりですね
そんな母は4月には新歌舞伎座の杮落としと美術館に行くことを、楽しみにしているようです
太朗冠者
2013年03月29日 08:21
尿もれ予備軍の測定ができる骨盤底筋チェックバーベルでチェックして早めに骨盤底筋体操で改善できますね。
ほのぼの
2013年03月29日 20:54
太朗冠者さんコメントありがとうございます
そういえば昨日のテレビで、骨盤底筋体操の話題があったらしいですが、残念ながら私は見ていません。
どなたが出演されたのでしょうか

最近骨盤底筋体操の話題が多くなっていますが、意外と実行している人が少なくて残念です
漏れがない人は予防になりますし、漏れがある人は1ヶ月頑張るとかなり改善します。
漏れがなくても、便秘解消やほかにも良いことがたくさんありますので、やらないと損ですね~
太朗冠者
2013年03月30日 04:28
予約殺到凄腕ドクターのお名前は関口由紀先生さん女優さんかと思いましたほのぼの先生さんと同じとてもキレイ人でしたよ~
ほのぼの
2013年03月30日 21:52
太朗冠者さんコメントありがとうございます
やっぱりそうだったんですね。
関口先生は正真正銘凄腕ドクターです
テレビを見た方は、関口先生のお話しのようにトレーニングをすれば、きっとよくなると思います

この記事へのトラックバック