太宰府天満宮と梅ヶ枝餅・・・

休憩の後は、宝物殿を見学~

画像

画像

ここは、道真公の御真筆と伝えられる書や、古文書、工芸品などが収蔵されています

相変わらず観光客は少なく、宝物殿の中も私以外にお一人だけで・・・

ゆっくり鑑賞できました~



宝物殿を出ると菖蒲池

画像

画像

画像

画像



花菖蒲が綺麗に咲いていました

そういえば、小学校の時に白いお皿に好きな言葉と好きな花の絵を描く、という授業がありました

その時に私が書いた花が「菖蒲」、そして書いた言葉が「根性」

菖蒲と勝負をかけていたわけで・・・

当時は「アタックNo.1」とか「サインはV!」とか、スポ根もの全盛の時代

すっかりはまっていましたねぇ・・・

というか、その頃から体育会系



それはさておき、菖蒲池を渡って心字池を横目に見ながら・・・


一つ目の太鼓橋・・・「過去」です

画像

画像

画像

画像


過去を違う方向から見てみると、また違って見えますね

今思えば、何故あんなに悩んでいたのだろう

そんなに思いつめなくても良かったのに・・・、なんて思うことばかりで

でも、それが若い、ってことなのかも知れませんね

一所懸命生きていた証し、とでもいうのでしょうか・・・



そして、「東風ふかばの歌碑」

画像

画像


やはりここは外せませんね

近くに海外からの団体客がいらっしゃいましたが、この歌碑にはあまり興味がなさそうでしたね

飛梅伝説は、どのように感じているのかなぁ・・・




天満宮を一巡りした後は、境内を出て光明寺へ

画像

ここは禅宗のお寺で、夏は苔の緑、秋は紅葉が綺麗、とのことでしたが・・

この日はお天気が悪かったせいなのでしょうか

何も色がない



でも、誰~もいないお寺で、石庭を眺めながらボーっとしているのも

贅沢ですよね・・・

画像

画像

画像




もっといろいろ観光したかったけれど、夜は友人と食事の約束をしていたので

そろそろ帰らなきゃ・・・、ってことで、参道を戻り



今度はお土産を考えながら歩いていると、

梅ヶ枝餅のお店の前で、無意識に立ち止まっていました・・・

お腹が空いていたのですね

ふと気づくと、若い男性がお餅を焼いていて

梅ヶ枝餅と若い男性、このミスマッチ的な雰囲気に、つい立ち寄ってしまったのですねぇ・・・



お店の中に案内されて、梅ヶ枝餅とお抹茶をいただきました

画像

画像


焼きたてで香ばしくて、温かくて、ホント美味しかったぁ・・・

全国発送します、ということでお願いしようかなぁ、と思ったけど

お店の方が、

「冷凍発送で日持ち3ヶ月ですが、空港で焼きたてをお持ち帰りして、家庭の冷凍室で冷凍すると1ヶ月の日持ちです。北海道までは送料が高いから、空港で買ったらいかがですか・・・」

と教えてくださって・・・

なんて親切な方かしら・・・、と感謝しつつ、空港で買うことに・・・

確か、以前に来た時は空港で売っていなくて、とても残念だった記憶があったのですが

便利になりましたね~



そんなこんなで、慌ただしい太宰府観光を終えて、ホテルへと・・・

画像


結構歩いたから、かなりお疲れ・・・

友達との待ち合わせまで、少し休憩~



夜はお洒落なイタリアン

楽しみ~


つづく・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

太朗冠者
2013年08月03日 04:07
参道でたべる空間もご馳走ですね。
しろくま
2013年08月03日 07:05
太鼓橋
過去の橋は現在へと、現在の橋は未来へと続いていくのでしょうね、未来のために現在が大切なのかなぁ。

ほのぼの
2013年08月03日 17:00
太朗冠者さんコメントありがとうございます
そうなんです、参道のお店で食べるのがやっぱり美味しいです。
その土地の物は、その場所で食べるのが良いのでしょうね
ほのぼの
2013年08月03日 17:04
しろくまさんコメントありがとうございます
過去も現在も未来も、つながっていますからね。
こうしてコメントを書いている今の私も、一瞬にして過去の私になります
今を大切に生きることが、素敵な未来につながるのでしょうね
2013年08月03日 17:10
いいですね~・・。近々に行きたいなあ~・・。
ほのぼの
2013年08月04日 22:32
さし絵テラさんコメントありがとうございます
平日は比較的空いているので、のんびりできますし、混雑していても、観光地の賑わいがあって楽しいかもしれませんね
たまには非日常の空間と時間を過ごすのも良いと思いますよ~

この記事へのトラックバック