東部総会市民公開講座と新潟の思い出

勝間和代さんの講演を拝聴した後は、お隣の会場で市民公開講座

開始時刻まで少し時間があったけれど、すでに市民の皆様がお集まりになって



私はといえば、勝間さんの勢いに圧倒されてしまい・・・

ちょっと頭を冷やすために、早めに会場入り

あらかじめお受けしていた市民の皆様の質問事項に目を通しながら、

少しずつ自分のペースを取り戻しかけたところで、

司会をご一緒させていただく東京大学泌尿器科の本間之夫教授がお見えになり・・・

本間先生も勝間さんの講演を聴かれていた、とのことで、その話題でしばし盛り上がり

司会進行の段取りを再確認して、いよいよ講座の始まり~



今回のタイトルは

「オシッコのことで困っていませんか?ー男性の方へ、女性の方へ、お年寄りの方へー」
ということで私も含めて3人の講師が講演

画像




僭越ながら私が開会のご挨拶をさせていただき

初めに、本間先生から総論のスライドを・・・

泌尿器科の役割、そして排尿管理の大切さについて、わかりやすく、楽しく・・

この段階で、会場がとても和やかな雰囲気になって、市民の皆様の緊張も緩みはじめ

さすがです・・・



まず最初に新潟大学の小原先生から「男性の排尿障害について」 という演題で

前立腺肥大症について、詳しい治療法も含めてわかりやすいお話しがあり



次に、私が 「女性の排尿トラブル~頻尿、尿漏れでお悩みの方へ~」

過活動膀胱、間質性膀胱炎、腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱について

かなり盛り沢山な内容だったけど

手術の詳しい術式などには触れず、自宅でできる対処法や予防法を中心に・・・



そして、最後に東京大学の鈴木先生から 

「高齢者排尿自立支援―尿失禁とどう向き合うか?」

老人施設や病院での排尿管理について・・・

東大泌尿器科教室の取り組みを中心にご講演いただきました



世界一の長寿国日本では

健康寿命をいかに長く保てるか、が大切!!

そうなると、高齢者の排尿管理で重要なのは、「自立支援」 です

つまり、「排尿の自立」が「生活の自立」につながり、

さらには認知症の予防や改善も期待できる、ということ

「排尿の自立」とは、オムツからの解放

トイレで排尿する、というのはとても大事なことなのです


しかも、介護される人が自立すれば、介護者の生活の改善にもつながりますからね


さらに、オムツの購入だけではなく、廃棄のためにもお金がかかるので

オムツからの解放は、経済的にもとても重要なのです



ということで、目指すは 「ピンピンコロリ」

元気に生きて、最後はコロリと・・・、これが理想ですね



鈴木先生のお話しはとても興味深く

何より、高齢者の排尿管理に対する東京大学泌尿器科の取り組みには、頭が下がる思いでした

高齢者施設や、病院の実態調査をして、それに沿った指導を行い・・・

地道な活動の結果、どれだけ改善されて、オムツをどれだけ減らすことができたか、

など、実際のデータは、本当に説得力があります


東大と言えば、医療の最先端を行く、というイメージだけど

こんな地味な努力もされていることは、私の中では新鮮な驚きでした



そして、最後はあらかじめお受けしていた質問にお答えする形でディスカッション




今回の司会と演者は本当に勉強になりました

一緒に司会をしてくださった本間先生は、とても優しく、紳士的で

講演前、講演中も和やかな雰囲気で、打ち合わせをしたり・・・

私もとてもリラックスできて、楽しく過ごせましたし、司会としての振る舞い方を学びました

東大の教授ともなると、学問的には勿論、人格的にも素晴らしいですね


私がリラックスして司会進行をできたのは、

最初に本間先生が市民の皆さんの雰囲気を和らげてくださったおかげです

やはり、どちらかが緊張していると、相手も緊張してしまいますからねぇ



後日、お礼のメールを差し上げたところ、返信を下さって

そのメールの中の先生の言葉が印象的でした

「高齢者の排尿管理は、泌尿器科学会が社会から負託された重要な使命、と思っています」

これが泌尿器科医の基本ですね


泌尿器科医として私がいつも考えていることは

「体の老廃物を排泄するという大事な使命を担った腎臓を守り、快適に尿を排泄するためのお手伝いをするのが泌尿器科医の仕事」 ということ

私の泌尿器科医としての原点はここなのです



本間先生といろいろお話をさせていただいて、医者としての原点を再確認したような気がします


短い時間でしたが、多くのことを学びました・・・




こうして、東部総会市民公開講座は無事に終了・・・


諸先生にお礼を述べて、会場を後に




ところで、この市民公開講座が学会最後のプログラムだったので

会場を出ると、すっかり後片付けの雰囲気


私もホテルに戻って、キャリーバッグを宅急便で送り


20時のフライトまで約3時間・・・どうしようかなぁ・・・



考えてみれば、学会の一番最初のプログラムから、最後のプログラムまで、

ずっと学会場の中にいたワタシ・・・

珍しく全然観光もしていなかったなぁ・・・


と、気づいたときにはすでに遅し・・・


ほとんどの観光地は午後5時頃には閉館してしまい

開いていたのは、新潟市美術館のみ、しかも常設展だけだったけど

一応新潟の雰囲気を味わうために、美術館へ・・・



美術館は市民の皆さんの作品が展示されていて

これが、中々の力作

一通り鑑賞して、18時閉館だったので、そこからまっすぐ空港へ向かい



空港のお土産店で、実家に持っていく笹団子を購入~


と・・・、めっちゃカワイイもの発見!!



なんと、「笹団子キティ」

画像



しかも、双子の妹のミミィちゃんも一緒

これって結構珍しいですねぇ

キティちゃんは左耳に赤いリボン

ミミィちゃんは右耳に黄色いリボン・・・、これが本来の姿

一応キャラ的には、キティちゃんは明るく元気、ミミィちゃんは内気で女の子らしい・・、ってことで

私と妹みたい・・・


和みますねぇ・・・



フライトまでは少し時間があったので

笹団子になったキティちゃんとミミィちゃんを眺めながら、空港のティールームでコーヒータイム

画像

画像



そういえば、ここでコーヒーを飲むのは何年ぶりかしら・・・

新潟のゴルフ友達のカズさんに最後に会った時と同じ席に座って、ふと昔を思い出し


新潟の恩師を通じてカズさんと知り合ったのはもう15年近くも前

私が初めて新潟にゴルフに行った時

日本海に沈む夕日が見たい!! という私の我儘に付き合ってくれたのが彼でした

「それでは私がお供しましょう」 と快く案内役を引き受けてくださって

ただ黙って、二人で並んで、夕日が沈んでいくのを眺めていました・・・


そのカズさんが、不慮の事故で日本海に沈んでしまったのは4年前

そして、3年前に新潟を訪れた時にお宅に伺って、お線香をあげさせていただきました



カズさんの愛犬が亡くなった時、落ち込んでゴルフもできなくなって

私が新潟にゴルフに行った時も、一緒にゴルフはできず

でも、空港まで送ってくれて、このティールームで一緒にコーヒーを飲んだのが最後でしたね・・・


とっても、優しくて、面白くて・・・

私がカラオケで歌うと、いつも横で踊っていたカズさん・・・


私は、あなたのことをずっと忘れません・・・




そんな楽しかった日々を思い出しながら・・・、カフェオレを飲みほし

ふと気づくと、搭乗時刻まで間近となり・・・




今回も、充実した旅でした


また、必ず行きたいですね・・・、新潟










この記事へのコメント

太朗冠者
2013年12月11日 16:22
ささだんご好きですプラス北海道北竜町の黒千石の豆のきな粉かけて食べるのが好きですヨーグルトにもかけて食べています。新潟バンザイ北海道バンザイ
しろくま
2013年12月12日 00:43
本当にこれからの、高齢化社会
心も身体も健康長生き、
「ピンピンコロリ」
心・食・動・休
日頃の健康管理、気を付けなきゃ〜。
と思います。

ほのぼの
2013年12月12日 20:20
太朗冠者さんコメントありがとうございます
私も笹団子大好きなんです。
デパートのうまいもの大会の時には必ず買ってきます
同じようなお団子はたくさんあるのに、なぜか美味しいんですよね。
きな粉も好きですよ。
ヨーグルトにかけるとヘルシーで、美味しさも引き立ちますね
ほのぼの
2013年12月12日 20:24
しろくまさんコメントありがとうございます
「ピンピンコロリ」は理想ですが、難しいです。
頻尿や失禁の原因として、生活習慣病とメタボが最近注目されています。
動脈硬化を防ぐことが大切ですね。
太朗冠者2
2013年12月16日 07:48
大人用オムツ1590億円は子供用オムツの1390億円売上高が逆転高齢化の象徴ですね尿もれ


ほのぼの
2013年12月16日 22:09
太朗冠者さんコメントありがとうございます
子供のオムツはいつか取れますが、高齢者のオムツは一度使い始めると一生続いてしまう、というのが問題です。
介護者にとっては、オムツは楽なように感じるかもしれませんが、介護される人の自立こそが、介護者のQOL改善につながるのだと思います
親父サーファー
2013年12月18日 13:28
昨日放送のNHK歌謡コンサートはほのぼのさんのブログによく出て来るニトリ文化ホールでした城(日本)広く綺麗ですね。しかしどんな催しもステージ近くがいいですね、くじ運を分けて欲しい・・(笑)
ほのぼの
2013年12月19日 02:26
親父サーファーさんコメントありがとうございます
NHKの歌謡コンサート、ニトリ文化ホールだったのですね。
テレビではきれいに見えるかもしれませんが、ニトリ文化ホールは1971年に北海道厚生年金ホールとしてオープンしたので、かなり古くなっています。
私も子供の頃からよく足を運びました
椅子の座り心地もあまりよくないです

社保庁から売却されるときに取り壊される予定でしたが、達郎さまやさだまさしさんなどのアーティストの方々の署名運動で、存続が条件でオークションにかけられ、札幌市が建物を落札し、2010年からホールの命名権がニトリに移りました
達郎さまの愛情がこもったホールなんです
私たち音楽ファンにとっても、ありがたいことですね。

ところで、達郎さまのコンサートも24日が千秋楽。
札幌のコンサートも大盛り上がりでしたよ
ネタバレすると達郎さまに申し訳ないので、ツアーの最終日にブログアップの予定です!
今回は、なんと私も初めての光景を目の当たりにしました~
感動です!!
来週をお楽しみに

この記事へのトラックバック