松任谷由実コンサートツアー2014 「POP CLASSICO」!!

3年ぶりにユーミンのコンサート

今回のツアータイトルは、昨年11月にリリースされたアルバム 「POP CLASSICO」

画像

画像


こんな素敵な紙ジャケットもついて

画像

画像



このCDはAmasonに予約して、発売日には自宅に届き

私が購入した初回生産限定盤の特典は、DVDとチケットサイズのクリアファイル

さらに中を開けてみると、アルバム購入者限定のコンサートツアー先行抽選申し込みのシリアルナンバーが・・・

しかも2公演まで申し込み可能

半年後の予定は未定だったけど、とりあえず札幌の2日間を申し込んでみたら

なんと・・・どちらも当選~


でも結局、1日しか都合がつかなかったので、行けなかったチケットはお友達に譲りました・・・



それにしても、初回限定盤は特典がついていることが多いですね

以前も、サザンオールスターズの初回限定盤CDに、ドームツアーのコンサートチケット先行申し込み特典が付いていて、当選したことがあります




ということで、またしても前置きが長くなったけど

チケットを手に入れてから半年

待ちに待ったユーミンのコンサート~


当日は、グッズを買いたかったので、頑張って早目に会場前に

既に長蛇の列・・・、と思いきや・・・

達郎さまや、ひろみさんの時に比べると少ないかも・・・


しかもグッズ売り場もあまり並ばずに無事欲しかったものをゲット~

今回購入したのは、コンサートパンフレットと大判ハンカチ、クリアファイル、そしてストラップ



珍しく開演まで時間があったので、記念撮影~

画像

画像

画像




そしていよいよ開演~

いつもながら開演間際は期待に胸が膨らんで・・・

特にユーミンのライヴは昔のアリーナツアーのイメージが強いので

どこからどんな姿で登場するのかなぁ~、ってワクワク感は最高潮



オープニングは新しいアルバムの一曲目

これは、やはり、って感じですね


そして新しい曲の中に時々懐かしい曲を織り交ぜて



こうしてみると、ユーミンのツアーも様変わりしましたね

昔のアリーナツアーは、最初から最後までイケイケ的な感じで、座っている暇もなく

終わった後もしばらくは耳鳴り、難聴状態だったけど


今回はアップテンポの後はバラードで、休みながら、って感じで

私も楽させてもらいました~


ところで、ユーミンは一時期少し太ったかなぁ・・・、ちょっと声がかすれているかなぁ・・・、と思ったこともあったけど

今回のライヴでは声もしっかり出ていたし、いつものようにスリムでカッコイイユーミンでした




今回のアルバムタイトル 「POP CLASSICO」は

『過去と未来の真ん中にある、動き続け流れている「今」』 のこと

ユーミン曰く、「今を生きる」

前の場所に心を残したまま次に行くと、今を”100”生きることができない、ということ


ちょっと難しいけれど、

私なりに考えると、「今この瞬間に100%の力を出し切って、思いを残さない」 ってことでしょうか・・・



でも、今回のアルバムを聴いて感じたのは

過去に思いを残さないというより、過去を思い出してしまうような・・・

凄く懐かしさを憶えましたね

すんなり心に入ってくる歌詞とメロディー

むしろ昔に戻っているような・・・

ユーミンの原点に近い、というか・・・


だから、新しいアルバムの曲の中に昔の曲が織り交ぜられても、全然違和感を感じない


これが、過去と未来の間をつないでいる、「今」ということなのかもしれませんね




私が懐かしかった曲は 「雨のステイション」 「青春のリグレット」 「14番目の月」

いずれもせつない乙女心を歌った曲

この3曲の主人公の気持ちになったことがある人は多いかも・・・

私は・・・、全部ですが・・・



そして映画の主題曲にもなった 「ひこうき雲」




ユーミンが「ひこうき雲」をリリースしたのは私が高校生の時


忘れもしない高校の文化祭

先輩のクラスの喫茶室でお茶を飲んでいる時に、流れていたのが「ひこうき雲」

その時の衝撃は今も忘れられませんね

周りの音と景色がモノクロに変わり、私と「ひこうき雲」だけの世界


「空にあこがれて、空をかけてゆく、あの子の命はひこうき雲・・・」

不思議な魅力のある優しい声と、独特なノンビブラート唱法

そして、「あの子の命はひこうき雲・・・」という歌詞



今でも「ひこうき雲」を聴くと、目の前に浮かぶのは高校の教室・・・

友達ではなくて、誰もいない教室の机や椅子、黒板・・・




そして、アンコールの最後の 「ひこうき雲」 を聴きながら

涙が止まらなくなってしまったワタシ・・・

高校時代が懐かしいというよりも

純粋に、一所懸命生きていた若き日

私にもそんな時代があったなぁ・・・、ということに感動・・・

勿論、今もそんな心を持ち続けているつもりだし

昔に戻りたいなんて思っているわけではないけれど・・・


若い、ってことはそれだけで美しくて、素晴らしいのです




突然ですが

ユーミンのコンサート後の日曜日に、家族でのんびりゴルフをしていた時に偶然見えた「ひこうき雲」

もうすぐ女子プロゴルフツアーの明治カップが開催される、札幌国際カントリークラブ島松コースにて

画像

画像

画像

画像

画像


兄曰く、「あれは国際線だな・・・」 

らしいです・・・

ゴルフ場は新千歳空港と自衛隊が近いから、飛行機が飛んでいることが多いけど

こんなに綺麗なひこうき雲を見たのは久しぶりだったので

なんだかとっても幸せな気持ちに

私がユーミンのコンサートに行ったことを知ってか知らずか・・・

って・・・、知ってるわけないですよね





今回のライヴは、アリーナツアーのように、興奮冷めやらぬ・・、という感じではなく

しっとりと、涙をぬぐいながらエンドロールを見つめて終演・・・


やっぱり、これがユーミンの本来の姿のような気がします



ふと、「雨の街を」を思い出してしまいました・・・

デビュー前の、学生時代に作った曲

これこそユーミンの原点、

聴きたかったなぁ・・・





という事で、懐かしさに浸ったコンサートも終わり

会場を出ると、急に空腹感が・・・

そういえば、夕食を食べる暇がなかった、という事に気づき

いつものように、コンサートの後はイタリアン

友人と一緒に円山に戻って久しぶりに「SABOT」へ・・・

と思ったけど、なんと満席・・・


なので、久しぶりにマルヤマクラスの中のイタリアン 「リストランテ モデーロ」 へ

お店に入ると、お客さんは誰もいなくて、私たちだけ

夜も遅かったので、ちょっと軽めに


バーニャカウダ

画像


ジャガイモの冷たいスープ

画像


ピザマルゲリータ クリスピーな生地が美味しい~

画像


トマトソースパスタ

画像


ぶどうジュース

画像


友人は私よりずっと若いので、青春時代をユーミンで過ごした年代ではないけれど

初めて聴くユーミンのライヴに感動した様子で・・・



そして、私の代わりに二日目のライブに行ってくれた友人からも、メールが来て

とても感動して、すっかり病みつきになったみたい

良かった~



みんなを感動させてくれたユーミンに心から感謝


還暦になっても、ステキに年を重ねているユーミンを見習わなければ・・・



また、お待ちしていますね~

この記事へのコメント

太郎冠者
2014年07月04日 03:31
今生きるロマンチック好きです。
ほのぼの
2014年07月04日 19:55
太郎冠者さんコメントありがとうございます
今を100%生きるのは難しいですね。
私は、今に追いつくのが精一杯で、危うく過去に取り残されそうな感じで・・・
100%生きるのは大変だけど、過去に思いを残さないように生きたいです
しろくま
2014年07月06日 10:34
高校の文化祭といえば 喫茶室 行灯行列 焚き火を囲んでのフオークダンス など思い出されますね。その頃は、何も恐いものも無く、でもあまり将来のことも考えていませんでした。
ヒコーキ雲は自然には出来ないものですが、実に大空にマッチして、ロマンと芸術を感じさせてくれますね。
はなこ
2014年07月06日 15:22
ここまで来ると、サーカスだなぁ。
お金かけてるよねぇ~。
そのお金であの声を美声に変える事は出来ないのかしら……。

竹内まりやのでしゃばりぶりよりはマシかな。

要は、お二人とも好きじゃないのです。
こんな連中にお金掛けれる先生が、ある意味羨ましい。

許容範囲が広いんですね。
しろくま
2014年07月09日 21:14
音楽や芸術など、
趣味も好みもそれぞれ違うし。
それに対する価値観も違うよね。
桜・梅・桃・李
と言うし それぞれ個性ですね。
個性は尊重したいものです。
ハゲタカ
2014年07月09日 23:07
先生ども御無沙汰しております。
コメントはしてませんがいつも楽しくブログ拝見させていただいてます。
ハゲタカはがんばっております。
ゴルフにはまってます!
110切れるか切れないかですが。
コメあんまりしないんですがあまりに先生のブログが荒らされてるのでだまっていられなくって。

鼻子さんヒガミですよあなたの米は!何が言いたいの?
何をしたいの?それで満足なの?ストレス発散できたの?

岩手県警サイバー攻撃取り締まり秘密情報課荒らし被害対策本部
太郎冠者
2014年07月10日 08:49
風立ちぬ。仕事と恋の両方に精一杯生きるロマンチックでかっこいいなロマンスで生きる私のポリシーです。棺桶にロマンスを入れて飛行機曇になりたいです。
マロン
2014年07月10日 09:54
お疲れ様です。

松任谷由実、いいですよね~自分もコンサートに行きたいアーティストです!

また、"はなこ"という荒らしがきましたね(笑)まっ、社会不適格者ですからスルーしておけばいいですよ。大体、この人は勘違いしてる。医者であろうが何であろうがプライベートな時間はあって然るべき。そしてその時間をどう使おうが、お金をどう使おうが個人の自由で他人から責められる必要は一切ない。たぶん、はなこと言う人は曲がった思考の方なんでしょう。張り合ってコメントをすると揚げ足を取ってきますので、無視すればいいんですよ。

くだらないコメントは読まずに末永く続けてください!
ほのぼの
2014年07月10日 23:48
しろくまさんコメントありがとうございます
高校の思い出はテニスのことばかりで、文化祭の時も友達と一緒に学校を抜け出していたので、あまり記憶がないですね。
自由な校風の素晴らしい高校でした。

他人の趣味が自分と違うだけで、それを非難する気持ちは全く理解できませんね
しかも赤の他人の・・・。
意味が分からないので、それに対するコメントもありません。
ほのぼの
2014年07月11日 00:12
ハゲタカさんコメントありがとうございます
お久しぶりです。
ハゲタカさんは昔と変わらず、真面目で正義感が強くて、優しいですね
心配していただいてありがとうございます

岩手県警には盛岡時代にとてもお世話になりました。
患者さんが事件や事故に巻き込まれたり・・・、職業柄警察とはいろいろご縁があります。
学生時代に「太陽にほえろ」のパロディ映画を作りたくて、岩手県警に行ってパトカーの赤色灯を回してもらって撮影させていただいたことがあります
そんなばかばかしいことに協力してくれた県警の刑事さんには、今でも感謝しています。
本当に人間味あふれていましたね。
札幌でも勤務医時代はススキノの近くの病院だったので、時々覚せい剤の容疑者の採尿を依頼されました。
いろいろ勉強させていただきました。

今回のブログのコメントについても、あまりひどいときは警察の知人に相談しようと思っていたのですが、ハゲタカさんがサイバー攻撃被害対策の担当なら安心です。
警察ならサーバーに残っているIPアドレスから書き込み者を特定することも可能なんですよね。

ところで、ハゲタカさんがゴルフにはまっているのは意外です
きっと真面目に取り組んでいるのでしょうね。
頑張ってくださいね
いつかご一緒しましょう
ほのぼの
2014年07月11日 00:18
太郎冠者さんコメントありがとうございます
棺桶にロマンスを入れてひこうき雲になる、なんて素敵ですね
私も心に秘めたロマンスを空まで持っていきたいです。
誰にも知られずに・・・
ほのぼの
2014年07月11日 00:35
マロンさんコメントありがとうございます
励ましのコメントをいただき、心強く思っています。

ユーミン、本当に素敵です。
40年以上もファンを魅了し続けて、さらに新しいものを生み出している才能は素晴らしいと思います。
是非一度ライヴに行ってみてください

はなこさんの書き込みに対しては、コメントを入れる言葉を持ち合わせていません。
今回もお金のことばかりですね。
まりやさんやユーミンのように、才能あふれるご主人がいて、ご自身も才能があって、その才能がお金を生み出していて・・。
それに対する嫉妬なのでしょうか。
そんな気持ちを持つことは自由ですが、それを個人的なブログで吐き出すことの意味が分かりません
ネガティブな言葉を口に出すと、ネガティブな感情は増幅します。
目にするだけで負のオーラが出てしまうので、ブログを見てくださる方には申し訳ないと思っています。

どうか、これにこりずに、これからもよろしくお願いいたします
私も今まで通り続けたいと思います。
ひろ
2014年07月11日 22:43
お疲れ様です!
来月は夏休みを取って札幌帰りますので、ちょっと顔だしたいと思っております!
太郎冠者
2014年07月12日 13:29
ロマンチックに生きるために未知の自分に気づく方法として ジョハリの窓で環境におおじて自己分析してますよ、ほのぼのさんも自己分析オススメ!
ほのぼの
2014年07月13日 14:18
ひろさんコメントありがとうございます
夏休みの季節ですね。
当院はお盆休みをいただく予定です。
お待ちしています
ほのぼの
2014年07月13日 14:24
太郎冠者さんコメントありがとうございます
いつも自己分析して、反省ばかりの毎日です。
若い頃の私が今の私を見たら未知の部分が多くて驚くかもしれませんね。
いくつになっても新しい発見があるものです

この記事へのトラックバック