自動販売機にみる、日本の物づくりの素晴らしさ

昨日は仕事が早く終わったので・・、と言っても軽く21時は過ぎていたけど

私にとっては比較的早く帰宅

夕食の支度をしながらテレビをつけると、金曜ロードSHOWは「となりのトトロ」

トトロもメイちゃんもサツキちゃも好きだけど、今まで数えきれないくらい観ているので

取り敢えず「たけしのニッポンのミカタ」にチャンネルを合わせると


タイトルは「”元祖”を探せ!世界が驚くニッポン初」

これは面白そう・・・


最初の話題は、自動販売機の第一号は?ってことで

日本で最初の自販機は110年前に作られた、切手と葉書の自販機

切手と葉書が一緒に買えて、しかもポストまでついているので、その場ですぐに投函できるという優れもの

とは言え、葉書を買って、その場で書いて、すぐに投函する、ってことはあまりないかなあ・・・

懸賞に応募するくらいでしょうか・・・

それにしても、自販機とポストを一緒にしてしまう、というこの発想が素晴らしいですね

木製の箱型で上の方に切手と葉書の窓口がついていて、その下にポストの投函口があるので

なんとなく人の顔のように見えて、ユーモラス

100年以上前にこんな便利なものがあったなんて・・・

でも、ただ置いてあるだけみたいだから、盗難が心配・・・



そして、もう一つ面白かったのが、手作り弁当の自動販売機

場所は茨城県

メニューは焼き肉弁当、ヒレカツ弁当、鶏から揚げ弁当の3種類

幕の内ではなくて、牛、豚、鶏の3種類にしぼっているなんて・・・

イイとこついてるなぁ・・・、などと思わず感心・・・

値段は300円で、ボタンを押すとちゃんと温かいお弁当が出てくる

とは言え、人通りの少ない場所で、見た目は古~い自販機だから、いったい買う人がいるのだろうか・・・

と定点カメラで調べたところ

すぐにお客さんが現れて、老若男女が次々と・・・

結構遠くから買いに来る人もいて

知る人ぞ知る美味しいお弁当の自販機、らしいです

しかも、自販機は建物の中で、その横には椅子とテーブルがあるので、そこで食べていく人も・・・


一体誰が作っているのだろう・・・、というのは素朴な疑問

そこで、建物のお掃除をしていた男性にきいてみると、

自販機を管理しているのはその男性で、お弁当を作っているのはその方の奥さま

実際に作っているところにお邪魔すると、奥さまが一人で3種類のお弁当を手作り

しかも42年前から続いていて、焼き肉のたれは42年前から継ぎ足し継ぎ足しで・・・

めっちゃおいしそう・・・

こんな自販機があったら、買って帰るかも・・・


さらに、お弁当が腐らないように、1日に何度かご主人が補充しているとのこと

勿論自販機の温度も調整されていて・・・

多い時には1日100個以上売れることも

それにしても、1個300円のお弁当に、ここまで手間暇かけているなんて・・・

いっそのこと対面販売の方が楽かも、と思ってしまいますが


どれにしようかなぁ・・・などと悩む時間は相手に気兼ねしてしまう、という人もいるかもしれないし

その点、自動販売機は待たせても大丈夫ですからね

その辺は作り手の気配りというのでしょうか・・・

適度な距離感を持って、押しつけがましくない、っていうのかなぁ・・・

勝手にやってください、と言いながら、蔭でこっそり気配りしている、みたいな

日本人らしい、優しさにあふれていますね

それに、取り出し口に出てくるお弁当を取り出す時のワクワク感も自販機の楽しみ

しかも、温かいお弁当・・・・



ふと、開業前の年に母と二人で函館に行く途中に寄った 「有珠山サービスエリア」で

自販機のおにぎりを買ったことを思い出しましたねぇ・・

どんなおにぎりがどんな感じで出てくるのかわからないのが、もの珍しくて

ついつい買ってしまった・・・

どのような仕掛けだったのか忘れたけれど、温かいおにぎりが出てきました・・・

それだけで美味しかったような記憶が・・・

コンビニのおにぎりでは味わえないワクワク感ですね~



それにしても、超アナログな ”手作り弁当自動販売機”

こんなに手のかかることをできるのは日本人ならでは、なのかもしれませんね

外国人にとって、日本観光の楽しみの一つに自販機巡りがある、という話も聞いたことがありますからね

日本が世界に誇れる文化ですね~



便利なものにあふれて

賞味期限付きのお弁当が、賞味期限を過ぎる前に多量に捨てられているという現実を思うと

アナログ的な日本人の素晴らしさは大事にしたいなぁ・・・

とつくづく思うのです



ところで、番組の中でもう一つの気になった自販機は ”納豆”

お弁当の自販機の横に納豆の自販機があったら最高・・・、とゲストの方が言っていましたが・・・

それ、ナイスです!!



ということで、番組はさらに続き

冷し中華の元祖とミニスカートの元祖の話へ・・・・



というところで・・・、何気に新聞を見ていると

NHK の 「総合診療医 ドクターG」

「母が食べない、口もきかない・・・、息子の嘆き、認知症か」


なんだか面白そう・・・、ってことでNHKにチャンネルを


この番組は以前に何度か見たことはあるけれど、取り上げてるのが比較的稀な病気だったりして

それ以降あまり見ていなかったけれど

今回は、私も日常遭遇することだったので

やっぱりそうなんだぁ・・・、などと納得しながら視聴・・・

患者さんにも知っていてもらいたい内容



ということで、詳しくは次回に続く・・・

この記事へのコメント

マロン
2014年07月12日 19:03
お疲れ様です!

モノづくりの日本ですから実は色んなものがありますね。考えてみればアニメなんかもそうですね( ´ ▽ ` )ノ

例えば、カメラ。今はデジタルが主流ですが、昔はフィルムでした。私も写真を趣味としていますが、やはりモノづくりの日本!デジタルカメラも素晴らしいものになっています。でも、その反面カメラが良くなってる分誰でもそれなりの写真が撮れるので実は写真を撮る技術が上達しないのです。

私は今の時代に逆行しフィルムを使ってます。フィルムは柔らかい発色とメリハリの差がいいので案外フィルム撮影している人が多いんですよ。そして、撮影時にどう露出を決めるか···どう補正したらどのように写るのか···などの経験や知識、そして出来上がりの楽しみはデジタルにはないものだと思ってます。

本当に日本はモノづくりは上手だと思いますが、逆に失うものもあるんだと言うことを気付く必要はあるのかな?と考えらせられます。何でも便利になると人間そのものが商品を扱う上での考える力や動作が鈍くなっていくのかな?なんて思ってしまいます(><)

重い話になってごめんなさい(^_^;)段々も暑くなってきましたね、くれぐれも体調は気をつけて下さいね。またの更新楽しみにしてます。


しろくま
2014年07月12日 20:53
自動販売機というと
自分の住宅の傍に、
生みたての卵の自販機があって、
店の開店時間関係なく、
新鮮な卵を朝早く買えるので便利です。

最近のビジネスホテルもカップ麺の自販機があったりして
飲んだ後、戻って食べたりする時
とても便利で、また美味しいのです。

自販機は配置する場所にもよりますが、とても便利なものですね。



太郎冠者
2014年07月13日 02:31
自動販売機のドリンクは添加物いっぱいで毎日飲むとコワイです免疫力低下で病気になるリスク高い。
ほのぼの
2014年07月13日 14:36
マロンさんコメントありがとうございます
私もいつもデジタルカメラをもっていますが、フィルムの時はどのように映っているか確認できないので、一枚撮影するのも慎重でした。
今はダメだったら削除できるので、いくらでも撮れます。
なんとなく使い捨ての時代を象徴しているような気がします
おまけにパソコンでいくらでも加工できるので、偽造やねつ造がまかり通ってしまう・・・
悲しいことです。

でも、旅行の時はフィルムをたくさん持っていかなくても良いのでやはり便利ですね。

どんなに便利な世の中になっても、伝統や職人技がなくならないように、大切にしなければならないですね。

さだまさしさんは「日本は妖精の国」と言っていました。
日本の物作りは、妖精の仕業なのです
ほのぼの
2014年07月13日 14:42
しろくまさんコメントありがとうございます
卵の自動販売機は便利ですね。
1個ずつ買えるとさらに便利。
私は日常ではあまり自動販売機は利用しませんね。
コンビニが多すぎるような気もします。
ほのぼの
2014年07月13日 14:48
太郎冠者さんコメントありがとうございます
自動販売機の飲み物って、コンビニやスーパーで売っているものと同じですよね。
ペットボトルが添加物いっぱいという事なのでしょうか。
コンビニのおにぎりやお弁当も添加物が多いですよね。
賞味期限を過ぎてもしばらくは腐らないです
それを考えると、手作り弁当の自販機はすごいですね
太郎冠者
2014年07月15日 07:55
子供の頃は牛乳も匂いで腐っているか確認して飲んだ覚えがありますパンとかお餅はカビをとって食べてました。
ビールとかキラメルで色をつけてエチルアルコールで尿症になったり、香りのため添加物様々病気の原因に繋がるのあたりまえですね。実家では今でも味噌や豆腐や醤油とか蒟蒻と梅干し、梅酒、パンとか母親が手作りしています私も見習いたいです女房さんは食べる専門です。

将来は添加物が入っていない食品・酒類をソフトドリンクを手作りして余生を暮らしたいです。

しろくま
2014年07月15日 08:24
私も、オーガニック商品や有機栽培商品 をなるべく使いたいとは思ってますが、なかなか全てとは行きませんが、長い年月を考えると身体に与える影響は大きいかと思いますので、心がけて行きたいと思ってます。 生活用品、シャンプーや洗剤
毎日身体に入る「水」 なども永い眼で見ると身体に かなり影響与えていると思うので、できれば良いものを使いたいですね。

ほのぼの
2014年07月17日 23:44
太郎冠者さんコメントありがとうございます
私も子供のころのおやつは母の手作りでした。
プリン、シュークリーム、ドーナツ。
私と妹がとってきた蓬で作った蓬餅もおいしかったですね。
おやつを買って食べることはありませんでした。
母のこだわりだったのかもしれません。
今思えば、ありがたいことです
私も昔は野菜のケーキを作っていましたが、今は忙しすぎて食べる専門になっています
ほのぼの
2014年07月17日 23:56
しろくまさんコメントありがとうございます
私はオーガニックにはこだわっていません。
オーガニックの専門店が近くにない、というか、私が買い物に行ける時間帯には閉店しているので・・・。
農薬は怖いと思いますが、有機栽培野菜や果物は価格が高いので、スーパーでは売れ残って時々鮮度が落ちていることがあります。

私の場合は、産地を見て少量を選びます。
加工品も工場の所在地を確認して買うようにしています。
もちろん日本で作られた物ですが・・・。
はなこ
2014年07月28日 11:33
そのお弁当の自販機なら何度もテレビでオンエアされてますよ~♪
ほのぼの
2014年07月28日 22:24
はなこさんは自販機の話題を何度も見ているのですね。
私はいつも仕事を終えて帰るのが午後10時から11時頃なので、ほとんどテレビは見ません。
見たい番組は録画をセットして、CMを飛ばしてみることがほとんどです。
録画したものも見る時間がないので、ハードディスクは常にいっぱいの状態です。
今回の自販機の話は、食事の準備をしながらたまたまテレビをつけて目にしました。
私は初めて見たので、記事にしてみただけです。
はなこさんにとっては珍しくもない話とは思いますが、私の周りの人はみんな知りませんでした。

何度も同じ話題を見ることができる方がうらやましいです。

この記事へのトラックバック