神戸牛とオリエンタルホテルの夜景

透析医学会総会の夜は、大学の同期の友人と一緒に神戸牛ディナー

お店は三宮駅近くの、ステーキ「雪月花」

4月の学会の時は懇親会もあって、神戸牛のお店に行くことができなかったので

今回は是非に、ということで早目に友人が予約してくれました



お店の近くは少し細い道だったけれど、タクシーの運転手さんのお蔭で無事に到着

画像

画像




まずはシャンパンで乾杯~

画像


その後は、私は梅酒で・・・

画像



友人は大学の同期で、10代の頃からの付き合い

これほど長い男女の友情、って珍しいかもしれないけど

高校も大学も男子の友達ばかりなので、私にとっては普通

しかもなんでも相談してしまうので、彼は私のことはなんでも知ってます

仕事のこともプライベートのことも・・・

特に仕事上では今でもいろいろ相談したりして、助けられています

勿論私も彼のことはよく知っていて、彼の奥さんも同級生なのでお友達


と言っても、当然私に隠していることはあると思うけど・・・

(私も隠していることはありますが・・・



そんな気心知れた友人と一緒の時は、なんだかリラックスしてお酒も飲めますね

遠くにいる友人だから、久しぶりかとおもえば、今年3回目

去年も一昨年も学会と同期会で3回ずつ会ってるし・・・

札幌の友達より会う回数が多いかも・・・

なので、それほど積もる話もないけれど、いつものように近況報告、仕事の話、趣味の話などなど・・・



ところでお料理は、鉄板焼き

画像


私は神戸牛フィレステーキコース、友人は神戸牛フィレステーキと魚介のコース


まずは前菜

画像


友人の魚介類を少しおすそ分け

画像

画像


野菜焼き

画像

画像


待ちに待った神戸牛~、私はいつもレアで

画像


美味でした~

ホントにお肉大好きで、というか最近はなぜかお魚がちょっと苦手



メインの後は、私はちりめんご飯、友人はガーリックライス

画像

画像



すっかり満腹になったところで、席を移ってデザートをいただき、記念写真

画像

画像




美味しいお料理に大満足で、お店を後に


タクシーを拾うために歩いていると、ライトアップされた建物があったのでカメラに収めてみました

画像




そして、食後の美酒をいただくためにオリエンタルホテルへ


17階のフロントの奥にバーがあるのは知っていたので、素敵な夜景を眺めながらカクテルでも・・・

と、窓際の席に案内されて、夜景がステキ~、なんて喜んでいると・・・

なんと・・・、窓際ではない!!

というか、窓がない!!

屋根はあるけど窓はない・・・

しかも、手すりもまばら

画像



飛行機は好きなのに高所恐怖症の私は、かなりビビッてしまったけれど

友人は 「全然平気だよ」 と・・・

マジですか~、自宅のベランダにもめったに出ないのに・・・


高層階に窓がない建物は、雪の多い北海道では絶対にありえないので

お店の人に 「雨の時はどうするのですか?」 と伺ったところ

「この席は使いません」 とのこと

なるほど・・・

雨が降ったら自動的に窓が下りてくる、というわけでもないみたいですねぇ・・・



とは言え、慣れというのは恐ろしいもので、時間がたつにつれて写真撮影などをする余裕も

涼しい夜風が、心地よくさえ感じられ・・・



六甲山系の夜景、といっても真っ暗で

画像

画像

画像

大文字の送り火のように、山に灯りが浮かんで

時間の経過とともに文字が変わっていました



なぜか、怖いもの見たさで、つい下を覗いたりして・・・

画像



ついでに記念写真

画像

ちょっと顔が引きつっているかも


桃のカクテルをいただいたけれど・・・

画像


緊張のためか・・、よく味を覚えていません

でも、桃はカクテルに合わないような気がしました・・・


友人はとてもきれいな色のカクテルを飲んでいたけれど・・・

画像


名前は忘れました



ということで、思わぬところでスリリングな体験をさせていただいたことに感謝して

翌日は朝の便で帰る予定だったので、御ひらきに・・・



結構飲んだ割には、翌朝は元気に起きて、朝食のレストランへ

客室数が少ないので、レストランも静かで、ゆっくり朝食をいただけます

基本的にはビュッフェスタイルで、好きなものを持って来るのですが

それ以外にセレクトメニューから一品料理を選べます

画像



1日目はオムレツをいただいたので、2日目は目玉焼きを

画像


ビュッフェから私が選んだ盛り合わせは野菜がメインで

画像


パン

画像


日替わりのフレッシュフルーツジュースはとても美味

画像


飲んだ瞬間に、お肌が生き返るような気がしました



窓に面した席で、昨晩と同じ六甲山系を眺めながらの朝食

画像

画像


窓があるだけで、こんなに安心できて、優雅な気持ちになれるなんて・・・

それにしても、明るいところで見るとやっぱり高い!!




そんなこんなで、あっという間だった神戸滞在

お世話になったホテルの皆様にお礼を述べてチェックアウト



神戸空港では、離陸の時に地上スタッフの皆さんがお見送りしてくださいました

画像




また、いつか訪れたいですね、神戸

今度はプライベートで、観光もしたいなぁ・・・



ところで、来年の透析医学会は横浜


今から楽しみですね~





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

親父サーファー
2014年08月07日 21:00
訪れる街でも仕事とプライベートではホントに違いますね!神戸、仕事だと坂道が辛い。旅行だと坂の排水溝にも歴史・情緒を感じる、まぁ全てがプライベートだとつまらなくなるでしょうが(笑)
太郎冠者
2014年08月08日 09:38
ほのぼのさん行く道はオシャレなお店が多く目の保養になりますよ~神戸牛ぺろり
ほのぼの
2014年08月08日 23:20
親父サーファーさんコメントありがとうございます
同じ街でも観光で訪れるのと住むのでは全く違うでしょうね。
神戸はやはり坂が多くて大変でしょうね。
港町の宿命ですね
札幌は夏の観光は良いかもしれませんが、長くて雪に埋もれた冬の辛さは、住んでみないとわからないですね
すべてがプライベートの旅、してみたいです
ほのぼの
2014年08月08日 23:26
太郎冠者さんコメントありがとうございます
お洒落なお店ばかりでもないのですが、普段はゆっくり食事をする時間もないので、せめて旅先ではステキなお店に行ってみたい、と思います。
でも、予約なしでなんとなく入ったお店が「あたり!!」ということもあります
それも旅の楽しさですね
にゃろめ
2014年08月12日 02:21
学会に行くのはクリニックを休診にしなければいけないので、最近はなかなか行けなくなってしまっています。
でも参加しないとどんどん取り残されてしまいそう・・・。
ほのぼの先生は積極的に学会に参加されていて素晴らしいですね。
私ももっと積極的に学会に行って勉強しないといけないと思いました。
生生流転
2014年08月12日 23:50
本日参戦してまいりました。ツアーパンフレット、プレート、タオル、カレンダー、ボールペン、ステッカーなどを購入してきました。
購入のため並んでいるときに「ほのぼのさん」とおぼしき女性をお見かけしました。バックの他に白いペーパーバック(ブランド名は見えませんでした)をお持ちではなかったでしょうか。人違いならお許しください。
ライブのネタばれは無しなので、詳しくはかけませんがクラッカー10個持参し回りに配って鳴らしました。これをやらないとね。
本当に宮里さんや小笠原さんのことをとってもかわいがってっるのが良くわかりますね。
長くなりましたが、圧巻、迫力、渾身、怒涛の3時間半のライブでした。取り急ぎ本日のご報告まで。
ほのぼの
2014年08月13日 11:38
にゃろめさんコメントありがとうございます
大学病院に勤めていると、自然に新しい知識が入ってきますが、一人で開業していると自ら情報収集をしないと取り残されてしまいます。
私は勤務医時代から一人医長が多かったので、一人で診療する体制に慣れているのかもしれません。
にゃろめさんは子育てもあるので、なかなか学会にも行けないですよね。
最近は託児所も完備していることが多いので、お子さんがもう少し大きくなったら、思い切って行ってみたらいかがでしょうか。
気分転換にもなりますよ
ほのぼの
2014年08月13日 12:04
生生流転さんコメントありがとうございます
もしかして、私です・・・。
グッズ売り場に並んでいましたので。
お盆前最後の外来がとても混んでいたので、お昼御飯も食べられず、チョコレートとお茶を持っての参戦でした
かなり疲れた感じだったかも・・・、お恥ずかしい・・・

本当に感動のライヴでしたね
クラッカー、鳴らすことができてよかったです!!
やはりこれがなくては・・・。
詳細はツアー終了後にブログアップしたいと思いますが、昨晩は帰宅後にセットリストをまとめて復習をしていました
私が一番好きな曲で、サンソンの「Out of OPUS」にリクエストした曲が、なんと弾き語りで・・・。
感動して、目がウルウルでした
サンソンでは採用されませんでしたが、今回はなんとなく演奏されるような気がしていたので、嬉しさ倍増です

いつものライヴに負けない盛り上がりでしたね。
来年のレギュラーツアーも楽しみですね
親父サーファー
2014年08月13日 20:59
はぁ~各所で感想を見る・聞くたびにため息が(笑)うしかない、サンソンで達郎さん自身が盛り上がりを語ってました。ツアー終了後のブログアップ出来るかぎりで詳しくお願いします(二次抽選も外れ
ほのぼの
2014年08月14日 19:02
親父サーファーさんコメントありがとうございます
ライヴに参戦できなかった方には本当に申し訳ありません。
達郎さまもこれだけ盛り上がるとは思っていなかったみたいです。
マニアックライヴに本当にお客さんが来てくれるのだろうか・・、という不安もあって、ライヴの本数を少なくしたようです。
でも、かなりの盛り上がりだったので、また同じようなライヴを企画したい、とおっしゃっていました
マニアックといっても、達郎さんの好きな曲はファンも好きなので、そんな心配ご無用ですよね
来年はデビュー40周年を派手にやるようですので、楽しみにしましょう

だいぶ先になりますが、ツアー終了後に私の記憶の中のものをブログアップさせていただきます。
よろしくお願いします
ハリケーンラン
2014年09月11日 15:44
写真でみた感じですが美しい先生ですね。細く色白で色気もあります。私は30代ですが若い娘よりよっぽど魅力的に思えます。
ほのぼの
2014年09月12日 02:29
ハリケーンランさんコメントありがとうございます
美しくも、色白でもなく、色気もないのですが、そのように見えるということは写真映りが良いのかもしれませんね。
お褒めの言葉をいただき、お恥ずかしいです・・・。
ありがとうございます

日常の出来事をとりとめなく綴っているだけのブログですが、お時間がありましたら、またのぞいてみてくださいね
ハリケーンラン
2014年09月12日 13:18
本当の気持ちです お会いすることもまずないでしょうしお世辞ではありません(笑) 内面の良さがお顔に表れてますよね。色白で…というのは写真ですし想像の世界かもしれませんね。色気はありますよ 全身色白で、お尻や背中等が綺麗なな方を想像していました。お仕事頑張って下さいね。お疲れさまです。
ほのぼの
2014年09月13日 18:29
ハリケーンランさんコメントありがとうございます
恥ずかしながら、お褒めの言葉として素直に受け止めさせていただきます。
見た目のアンチエイジングより心のアンチエイジングにつとめています。
皺がない顔でも、無表情では能面になってしまいます
いくつになっても好奇心ですね

後姿はとても大事ですね。
正面からは見えないものが見えてしまいます。
子供の頃から母に言われていました「後姿に気配りしなさい」と・・・。
背中の空いたドレスから贅肉のない綺麗な肩甲骨が見える方が、顔の美しさより評価が上がるかもしれませんね
自分では見えないところに気を遣うのがお洒落、のような気をがします・・・。
綺麗かどうかはわかりませんが・・・
青春時代
2014年09月14日 01:56
先生は頭のてっぺんから足の先まで綺麗な(気を配る方)だとおもいます
お尻の穴まで美しそうです
ほのぼの
2014年09月15日 22:37
青春時代さんコメントありがとうございます
そんなに隅々まで気を配るのは不可能です。
そうできるのは、それを職業としている女優さんやモデルさんだけでしょうね。
私の仕事は基本的にはなりふり構わずの肉体労働ですから、気配りの程度も知れています。
本当は全然綺麗じゃないですよ
ハリケーンラン
2014年09月17日 21:22
先生の過去からのブログ拝見させて頂きました。面白い内容ですね先生全ての質問に真面目に真剣に答えていますよね。素敵。それにビューティフルという印象よりかはキュートな印象に変わりました(笑)
最近甘えてますか?疲れてませんか?
先生のまっすぐな姿勢にギュッとしたくなっちゃいますハート5(矢がささっている)
では今日もお疲れさまでした
ほのぼの
2014年09月18日 23:27
ハリケーンランさんコメントありがとうございます
過去の記事もみてくださってありがとうございました。
最近はブログ更新回数も減って、コンサートや食事の話ばかりになってしまいましたが・・・
コメントをくださった方にはすべてお答えしています。
ブログの趣旨にそぐわない場合は削除させていただくこともありますが・・・。
意外と真面目な性格なので

最近疲れていますね、というか医者になってから疲れていない日はあまりないので、これが普通かと・・・
でも、開業してからはまとまった休日がとれないので、勤務医時代より疲れるかもしれませんね。

お疲れさまでした

この記事へのトラックバック