万灯会 2014 ~亡くなった方が教えてくださること~

今年も無事にお盆休みが終わり、8月16日は恒例の万灯会

画像


いつものように母と二人で藻岩山の北海御廟に行ってきました


と言っても、廟塔の建物自体は老朽化のため一昨年に取り壊されて、今は新しい廟塔を建築中

なので、いつもなら廟塔への斜面に提灯がたくさん灯されるはずが、今はこんな状態で

画像


そして、新しい廟塔の完成予想図はこんな感じ

画像


楽しみですね~



ところで、万灯会本来の意味は、衆人の罪を懺悔して滅罪を祈願するもの

つまり、生きている人の罪を許していただくためのもの



でも、今では祖先の霊を弔って、お見送りするもの、という意味合いで行われています




ということで、まずは父の戒名を書いたお札を奉納して、提灯に火を灯し

画像

画像


お墓参りを

お墓に上る途中は、いつもなら提灯がたくさんだけど

今は工事中で風情がないですが・・・、仕方ないですね

画像



久しぶりのお墓参りだったけど、やっぱり落ち着きますねぇ・・・

画像


いつものようにロープウエイも見えて

画像

画像


お墓から見る札幌の街並み・・・

画像

画像


こうしてみると、お墓もビルも同じようなものですね

命があるうちはコンクリートの中で、命が尽きたら石の中・・・


そう思えば、少しは悲しみも和らぐかも・・・




お墓参りの後は、事務所棟の中のお部屋で行われる法要へ

画像


いつもなら外で行われるはずだけど、今年は工事中のため中で・・・

でも、おかげで虫に刺されずに済みました~



法要の後は法話を拝聴し

画像



亡くなった方が教えてくれるものとは・・・


自分の身近な人が亡くなるのは、とても悲しいことだけど

それは必ず誰にでも訪れるもの


勿論亡くなり方はすべて同じではなくて

病気だったり、事故だったり、事件だったり、災害だったり・・・

それによって、悲しみと同時に恨みや憎しみもあるかもしれないです


でも、どんな形でも、全ての人がその悲しみを抱えながら生きていて

その悲しみを経験することで、他人の悲しみを思いやることができる・・・



亡くなった方は、そんな悲しみと優しさを教えてくださるために仏様になったのです



万灯会に来ている人々は、みんな身内を亡くした人ばかり


私だって、いつもは楽しく笑っているけれど

時々、ふと、突然逝ってしまった父のことを思い出して、悲しくなることもあります

でも、身内の死は誰もが通らなければならないもので

みんなが抱えている悲しみ、と思えば自分も頑張らなければ・・・と・・・



そんな思いを胸に、父のお見送りをして・・・




来年もまた母と一緒に万灯会に来ることができますように・・・


そう願わずにはいられませんでした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

太郎冠者
2014年08月18日 01:43
ロープウェイなんか楽しそういいな墓参り体験したいな
しろくま
2014年08月18日 12:24
お盆に お墓参りに行くと亡くなられた方の生前の姿を思い出し、また、家族の絆を確認できるのですね。
生命は永遠とも言いますし、ほのぼの先生の お父様も、私の父もそうですが、どこかで生まれ変わり、ご活躍されていることと思います。
札幌市を一望できるお墓 素晴らしいですね。

ほのぼの
2014年08月19日 01:14
太郎冠者さんコメントありがとうございます
お寺の入り口のすぐ手前にロープウェイの乗車口があります。
頂上まで行くと、札幌の街が一望できて、レストランもあって楽しめるようです
小学校の頃に遠足で行った時は、歩いて登りましたが、それ以来頂上まで行ったことはないかもしれませんね。
お墓参りだけでも足が疲れます
ほのぼの
2014年08月19日 01:18
しろくまさんコメントありがとうございます
私は父が大好きだったので、どこかで生まれ変わって他の家族の一員になっているとは考えたくないです
できれば、私がそばに行くまで天国で待っていてほしいですね
マロン
2014年08月22日 18:32
お疲れ様です♪

札幌にこういうのあったんですね~知らなかった!(^_^;)

8月は色々とイベントがある月ですからね、原爆の日····終戦記念日····等々。やっぱり個人的にも父が亡くなったのが暑い8月でした。今年は帰省することができず墓参りはできませんでしたが、父が亡くなってから毎日父のことを思っていて、いつでも心の中でtears in heavenを唱っています。また、ほのぼのさんのようにお医者さん、看護師さんにも感謝をしております。亡くなってもお医者さんと看護師さんの最前を尽くしてくれた姿は忘れることのできません。

不安定な気候ですが体調などを崩さずに頑張って下さい。またの更新を楽しみにしてます\(^^)/

ほのぼの
2014年08月25日 13:56
マロンさんコメントありがとうございます
藻岩の北海御廟は浄土真宗のお寺で、毎年16日には万灯会が行われます。

お盆と終戦の日が同じなので、戦争を経験した人にとってはいつまでも忘れられない日ですよね。
母は8月15日には北海道神宮内の開拓神社に出かけます。
母は少女の頃に樺太で終戦を迎え、命からがら引き揚げてきたので、1945年8月15日は一生特別な日のようです

エリック・クラプトン、イイですね。
「tears in heaven」私も好きです

生きている者にできることは、亡くなった人のことを忘れない、ということですね

この記事へのトラックバック