プラハ・フィルハーモニア管弦楽団

今年2回目のコンサートは プラハ・フィル

勿論、会場は 「札幌コンサートホールKitara」


いつものように診療終了後に急いでタクシーに飛び乗り

行先を告げると、運転手さんが 「今日はプラハですか?」

オーケストラのことを良く知ってらっしゃる運転手さんで

Kitara 到着までの間、しばし音楽談義を・・・

会場に着いたのは開演の15分前、余裕~

母もちょうど着いたところでした


画像



プラハ・フィルは初めてだったので、とても楽しみにしていました

母は以前にお琴の演奏会でプラハとウイーンを訪れたことがあるので

私よりも、もっと楽しみにしていたみたい



今回の曲目は 

スメタナ 交響詩 「モルダウ」

ドヴォルザーク チェロ協奏曲

ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調 「新世界より」



とても馴染みのある 「モルダウ」 と 「新世界より」

そして、今回初めてのチェロ協奏曲



「プラハ・フィルハーモニア管弦楽団」 は1994年に設立され

1996年には公益楽団の一つとなったチェコの代表的なオーケストラ


指揮のヤクブ・フルシャ氏は、1981年、チェコに生まれ

とても若くて躍動的な指揮でしたね


そして、チェロのミッシャ・マイスキー氏はラトビア生まれ

世界を代表するチェリストの貫録に溢れ



若きマエストロ率いる名門オーケストラと、チェロの巨匠が贈る、ボヘミアの郷愁・・・



「モルダウ」 と 「チェロ協奏曲」 の後は休憩時間

いつものようにロビーのスタンドで、パークホテルのレーズンパンとコーヒーをいただき

母と一緒にコンサートの話を・・・


スメタナやドヴォルザークの音楽は、日本人には馴染みやすい曲調で

モルダウ川の風景が目に浮かぶようです

なんて、私はモルダウ川は見たことがないですが・・・

母はチェコに行ったときに見たことがあって、とても懐かしかったみたい


そう言えば、母はウイーンに行った時にはドナウ川の近くのホテルに宿泊して

ドナウ川は勿論、オペラも観てきたらしく・・・

私よりも充実した音楽の旅をしていますねぇ・・・・


そんな話をしているうちに休憩時間も終わり



最後の 「新世界より」 は、ひときわ懐かしさを憶えます


この曲は、ドヴォルザークが故郷のボヘミアを思い出して、アメリカで作られた楽曲

第2楽章は「家路」というタイトルで日本語の歌詞が付けられ

音楽の教科書にも載っていましたからね

これを聴くと、小学校の頃の夕暮れ時を思い出します

ドヴォルザークが故郷を懐かしんで、どのような気持ちで作曲したのかはわからないけれど

私にとっては、暖かい家が待っていてくれる・・・、そんな幸福感を感じさせてくれる旋律です



という事で、楽しかったプラハ・フィルのコンサートも終わり

タクシー乗り場の列に並んで待っていると

オーケストラのメンバーが次々とホールの楽屋口から出てきて、タクシー待ちの列を横切って・・・

そのたびに大きな拍手が・・・


そうなんです、これはKitara のタクシー乗り場ではよく見られる光景

ステージとは違った若き音楽家の姿を間近に見ることができて

楽しみの一つですね



プラハ・フィルは終わったけれど

今年は 「プラハ放送交響楽団」 のコンサートも控えているので

今から楽しみ~



そして、4月から8月までコンサートが目白押し~



私のコンサートライフは、さらにつづきま~す




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

太朗冠者
2015年04月16日 07:53
こころが高くなりますね。(*^o^*)
ほのぼの
2015年04月16日 15:51
太朗冠者さんコメントありがとうございます
クラシックのコンサートの後は心が穏やかになりますね
気仙のまっさん
2015年04月17日 07:01
おはようございます。心穏やかに、俗世界を忘れられる時間でしたね。 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団、それぞれ、思いが有り、感動が違うんでしょうね。私は、招聘元が後輩ということで、☆北海道の星☆福原美穂さんから始まり、次にサザンです。秋口?は達郎さんを夢見ていますが?一生懸命、仕事をして、健康で、コンサートライフをお互いに、いつまでも楽しんでいきましょう。くれぐれも、ご自愛ください。
ほのぼの
2015年04月18日 02:36
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます
ウイーンとプラハは母の強い思いですね。
一緒に聴いてあげるのがせめてもの親孝行・・・、なんて独りよがりでしょうか。
でも嬉しそうな母の顔を見ると、私も幸せな気持ちになります
サザンは私も行く予定です。
その他にも玉置浩二さん、綾戸智恵さん、小野リサさんなどなど・・・、予定いっぱいです
お互いにコンサート楽しみましょう
しろくま
2015年04月25日 11:16
お母様と いくつなっても、
楽しい時間を共有できるのは、素晴らしいことですね。
ほのぼの
2015年04月26日 23:45
しろくまさんコメントありがとうございます
私が子供の頃はいつも母と妹と3人でクラシックのコンサートに行っていたので、今は楽しい時間の共有というより、思い出を共有しているようなものですね。
ピンクのかすみ草
2015年05月02日 22:49
北海道の春は、いかがですか?楽しまれているでしょうか。今日生さだですね‥
ほのぼの
2015年05月04日 18:40
ピンクのかすみ草さんコメントありがとうございます
今年は桜の開花がとても早く、例年は連休後半から連休後に満開になるのですが、今年は札幌ではもう散っています。
ゴルフ場も散りかけています

いろいろ忙しくて、油断しているうちに春が終わりそうです。
生さだの時間には寝ていました
いつも録画で見ています。
ピンクのかすみ草
2015年05月05日 23:54
お忙しいんですね!ゴールデンウイーク中二の姪っ子がきたので みんなで作並の温泉に行ってきました。なんと 渋滞‥駅から、温泉まで、二時間かかりました。ゴールデンウイークは、日常と違うこと忘れてました。家に着いて なんだか ほっとしましたよ‥
ほのぼの
2015年05月07日 00:43
ピンクのかすみ草さんコメントありがとうございます
ゴールデンウィークの観光地や温泉は人が多いのでしょうね。
非日常は、日常の良さを思い出させるためにあるのかもしれませんね。
平穏無事が一番、ってことでしょうか

この記事へのトラックバック