サザンオールスターズ「LIVE TOUR 2015 おいしい葡萄の旅」、 行ってきました~!!

サザンオールスターズのライヴツアーも終わりましたね~

サザンとしてのツアーは10年ぶり

10年前の時は購入したCDにコンサートチケット申込み特典がついていたので、それで応募して当選~

初めてのサザンだったけど

札幌ドームのスタンド席で、しかも頸椎ヘルニアの入院後だったので

ほぼリハビリ状態のような感じ・・・



それをきっかけにファンクラブに入会したけれど

チケット抽選に外れたり、桑田さんの病気でライヴが中止になったり、残念なことが続き


3年前にやっと参戦できた桑田さんのソロツアーは「札幌きたえーる」

これもスタンド席でした




そして、今回念願のサザンオールスターズライヴ

札幌はドームで2日間、私は2日目のチケットをゲットしました~



ツアータイトルは 「おいしい葡萄の旅」

これは今年3月にリリースされたアルバム 「葡萄」 がメインのツアー

画像


この 「葡萄」 本当に良いです

昭和のにおいがプンプンで、懐かしさに溢れ

初めて聴いた時からお気に入りのアルバムになりました

是非是非お勧めしま~す




ということで、コンサートは日曜日だったので、いつものように朝からゴルフ

ゴルフの後は食事も食べずに帰宅して、急いで身を清めて札幌ドームへ

入り口前で友人と待ち合わせて、入場~

今回はあらかじめ通販でグッズを購入しておいたので、列に並ぶ必要もなく余裕~



桑田さんのコンサートは、名前が記載された座席指定引換券が送られてきて

入場の時に身分証明書を提示して座席指定券が発券される、というシステム

なので、当日まで座席番号がわからず・・・

これは、ネットでのチケット転売を防止するのが目的

前回のソロライヴの時も同様の方法で、同伴者も身分証明書が必要でした

なんだか面倒だけど

でも、そのおかげで、チケット当選の確率が高くなりましたねえ~




ということで、ワクワクドキドキのチケット発券の瞬間

なんと、今回はアリーナ席Aブロック

一瞬座席の位置のイメージがわかなかったけれど

アリーナ席ってことは、スタンドじゃないってことで

友人も 「これってすごい~!!」 と大興奮

なんだか私もドキドキしてきて・・・



そして、アリーナ席に行ってみると、私達の席は4列目

真ん中より少し左だったけれど、勿論桑田さんは肉眼で確認できる距離

しかも通路側だったので、視界を遮るものは何もない

苦節10年・・・、やっとこの場所までたどり着きました・・・

感動・・・




ところで、サザンオールスターズは今年がデビュー37年

忘れもしない、私が大学2年の時、サザンがデビューしました

私たちより少し年上という大学生バンドに親近感をおぼえ

仲間で飲んでいる時にはいつも 「いま何時!」 「そうね大体ね!!」 なんて・・・、イイカゲンな私たちにぴったりの感じでしたねぇ・・・



そういえばサザンの最初のライブツアーも37年前、1978年に札幌でも開催されています

ライヴ会場は「道新ホール」

私は札幌を離れていたので、ライヴには行っていないけど

実は、千歳空港でサザンとすれ違いました

冬休みの帰省で、迎えに来てくれた妹と空港ロビーを歩いていると(妹は建物の外、って言ってますが・・・)

サザンのメンバーが・・・

当時はデビュー直後で、追っかけファンとか誰もいなくて

普通の感じで歩いていたような記憶が・・・

すれ違いざまに私が気づいて 「あっ、サザンだ・・・」 と大きな声で言ってしまい

怪訝そうな顔で桑田さんがこちらを見ていました

私も、なんとなくそのまま通り過ぎてしまい・・

今考えると、なんて失礼な言葉を・・・

そして、残念な・・・、サインもらっておけば良かった・・・




前置きが長くなってしまいました~



そしていよいよライヴの始まり~!!

曲順は前の記事をご参照ください


画像



オープニング3曲は勿論総立ちで、いきなり盛り上がり~

MCの後は 「青春番外地」 から始まって新しいアルバムの7曲

その後 「黄昏のビギン」 を挟んで 「天井桟敷の怪人」 と 原由子さんの 「ワイングラスに消えた恋」



「黄昏のビギン」 懐かしいですね

といっても私が赤ちゃんの頃の曲ですが、懐メロ大好きなので・・・

私のような古い人間は、この雰囲気好きです

永六輔作詞、中村八大作曲・・、イイですねぇ・・・



その雰囲気を保ちつつ 「天井桟敷の怪人」

今回のアルバムの中でも この曲と 「天国オン・ザ・ビーチ」が好きです・・・

・・・そういえば 「天国オン・ザ・ビーチ」 やらなかったぁ・・・


それはさておき、「天井桟敷の怪人」・・、タンゴのリズムと 歌詞がイイです

意味がわかんない感じが・・、桑田さんらしくて・・・

出だしがイイ!!

お前らいいかい  今夜は飲んじゃえ  朝日が昇るまで

学生時代は毎日そんな感じのノリで、よく朝まで飲み明かしたものです

しかも、毎朝テニス部の朝練・・・

その頃から体力あったなぁ・・・




原由子さんは ハンドマイクで踊りながら歌っていました

照れながら踊る姿が、可愛かったですよ~

とても素敵な曲で、私も大好きです~

レパートリーに入れたい一曲



こうしてコンサートは盛り上がり続け

偶然にも、私の誕生日をお祝いするかのような 「Happy Birthday」 でさらにテンションが上がり

サザンの曲で一番好きな 「真夏の果実」 で涙にむせび・・・

懐かし曲、新しい曲が続き、 「マンピーのG★SPOT」 まで全力疾走~



「マンピーのG★SPOT」 を聴くと思い出すのは、

入院療養しながら養護学校に通う腎臓病の小学生の主治医だった頃

その子は私のことを 「タカピー」 と呼んでいて

いつもマンピーをタカピーに替えて歌っていました

いつも子供たちと遊んでいた私も 「それはダメでしょ」 と叱ったりしてましたが・・・

懐かしく切ない思い出ですねぇ・・・




そして、やまない拍手の中アンコールへと

なんと これが私にとって最大の山場に・・・

いきなり 「匂艶THE NIGHT CLUB」 

油断していた私は、久しぶりに鳥肌が立ちました~

達郎さまのコンサートで 「BOMBER」 を聴いた時以来かも・・・



だって 「匂艶THE NIGHT CLUB」 は 私のテーマソング

今まで何度もCDを聴いて、何度もカラオケで歌ってきたけど、ライヴで聴くのは初めて

感激で言葉も出なくて、ドキドキ・・

医局時代にレクリエーション係だった私は、いつも医局旅行や忘年会、歓送迎会など宴会の幹事

悩みは二次会がすぐに盛り上がらないこと

そこで考えたのは、二次会場に先回りして、みんながお店に入ってくる時から歌ってお出迎え~

その勢いでみんなにマイクを渡す、という作戦

そして、そのオープニング曲に選んだのが 「匂艶THE NIGHT CLUB」

宴会係の鬼、と言われてましたからねぇ・・・

久しぶりに血が騒ぎました~




アンコールの最後は 「蛍」

この曲は 映画 「永遠の0」 の主題曲

入場の際に渡された腕時計型のLEDライトと、天井につるされたLEDライトが光って

無数の蛍のように・・・

感動的なフィナーレでした



こうして、3時間半以上に及ぶコンサート、全37曲(黄昏のビギンを含む)が終わり

なんと、私が着席していた時間は約20分

つまり、3時間以上も立ちっぱなし、ってことで

でも、決して無理して立っているのではなく、

桑田さんをはじめサザンのメンバーの一所懸命な姿を見ていると、座っていられなくて・・・



本当に感動のライヴでした・・・

桑田さんは病み上がりとは思えない体力で

最後まで声も衰えずに、素敵でした~


それにしても、37曲って、凄すぎる・・・

驚異的な体力

というか、達郎さまにしても、桑田さんにしても、本当に音楽が好きで

自分自身が楽しんでいて、さらにみんなを楽しませたいという気持ちが伝わってきます

やはり、本物ですねぇ・・・

その一所懸命な姿にいつも感動をおぼえて、涙が出ます・・・



大学生の頃から、サザンと同じ時代を生きてこられて、本当に良かったぁ・・・


私も頑張らなければ、と決意を新たに・・・




とは言え、やはり疲れましたねぇ・・・

さすがの私も、4時半起きゴルフの後だったので疲労困憊・・・

食事に行くには遅くなりすぎたので

友人とライヴの感動を分け合いながらタクシーで帰宅~




桑田佳祐さま、サザンオールスターズのみなさま

感動的なライヴをありがとうございました~


最高の、そして思い出深い誕生日になりました


桑田さんもくれぐれもお身体を大切にしてくださいね



またお待ちしていますね~




追伸

観戦記というより、私の思い出話ばかりでした・・・

私の人生のBGM、なので・・・

長々と昔話にお付き合いいただき、ありがとうございました~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

太朗冠者
2015年09月01日 05:15
思い出がいっぱいですね。
気仙のまっさん
2015年09月01日 07:19
おはようございます。素晴らしい感動の公演でしたよね。達郎さん夫妻も武道館公演に行かれたとのこと。達郎さんは「栄光の男」が良かったと言っていましたよね。生まれ持った類い希な才能、音楽に真摯に向き合う姿勢。達郎さんもそうですが好きになりますよね。これからもお元気で、ご活躍を願って止みません。こちらも、健康で元気に日々過ごして行きましょう。くれぐれもご自愛ください。
まりにゃん
2015年09月01日 12:23
はじめまして わたしもサザン大好きです
サザンと共にという感じです札幌1日目はスタンド友人と2日目は1人でアリーナCブロック左よりではちきれていました
武道館のチケットは残念ながら取ることができませんでしたが10年ぶりの札幌でのライブとっても感動でした
葡萄のアルバムのなかで私ははっぴいえんどとワイングラスに消えた恋が好きです
ほのぼの
2015年09月02日 21:09
太朗冠者さんコメントありがとうございます
とにかく音楽が好きな私は、どんな時も一人でも音楽を聴いていました。
特に達郎さまとサザンは思い出いっぱいです
ほのぼの
2015年09月02日 21:20
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます
まりやさんの歌のバックヴォーカルが桑田さんご夫婦だったり・・・、達郎さんも桑田さんもお互いにリスペクトしているのでしょうね。
才能に溢れ、しかも音楽だけを真摯に追及している姿は本当に感動的です
いつまでもお元気で、素敵な音楽活動を続けてくださることを心から願っています。
私も元気でいたいと思います
ほのぼの
2015年09月02日 22:00
まりにゃんさんコメントありがとうございます
札幌2日日間参戦したのですね、素晴らしい
2日目のアリーナにいらしたということは、意外と近くかもしれませんね
本当に感動的でした。
「葡萄」の曲は全部好きですが、「はっぴいえんど」と「ワイングラスに消えた恋」、「彼氏になりたくて」も好きです

私の趣味の話をとりとめなく書き綴っているだけのブログですが、お時間があればまた覗いてみてください。
これからもよろしくお願いします
まりにゃん
2015年09月03日 19:56
近い席で楽しんでいたのでしょうね。
私も通路側で隣を気にすることなく手ふりなどしていました。全37曲本当は全曲スタンディングでいきたかっのですが、さすがに歳にはかてず後半のために数曲着席しました。ブルー&ゴールドテープ キラキラ降ってくるのをじっとながめながら待っていた時間が素敵な空間でもありました。
ほのぼのさんのブログ時々拝見させていただいていました。楽しく、参考になります。これからもよろしくお願いします。
グリーン
2015年09月04日 13:54
先生お誕生日おめでとうございました。

大好きなサザンのステージを堪能されて良かったですね。

先生のテーマソングも解りました。


今後も楽しんで下さい。

ほのぼの
2015年09月04日 22:22
まりにゃんさんコメントありがとうございます
私もさすがに全曲スタンディングはできませんでした。
できたのかもしれませんが、朝も早くから起きていたので、つい休んでしまいました
おっしゃるように、座ってホッと一息ついて、周りを眺める瞬間も結構良いものですよね

ブログ見てくださっていたのですね。
ありがとうございます
またよろしくお願いします
ほのぼの
2015年09月04日 22:33
グリーンさんコメントありがとうございます
本当に楽しかったです

私のテーマソングというか・・・、入場曲ですね
プロレスラーのミル・マスカラスが「スカイ・ハイ」で入場するようなもの、でしょうか
違うのは、自分で唄いながら、ってことですね

そういえば、昔はプロレス好きで、スタン・ハンセンに会いに行って、ブルーザ―・ブロディやタイガー・ジェット・シンにも会ったことがあります。

近いうちに私のプロレス武勇伝もブログに載せますね~
前にも書いたかなぁ・・・

この記事へのトラックバック