「円山夜想(ノクターン)」でジャズライヴ!!

先週末、突然懐かしい人から電話が・・・

電話の主は、私の盛岡時代のジャズピアノの先生「マキコさん」のご主人で、ベーシストの「コウヘイさん」

「今、札幌にいて、明日円山でライヴをやるので是非お会いしたい・・」、というお誘い

勿論マキコさんも一緒にいて、久しぶりに電話でお話~

懐かしい~

「もちろん行きます~」 と急にワクワク気分になったワタシ



そして翌日

場所は裏参道、南1条西24丁目の 「円山夜想(ノクターン)」

円山郵便局の向かい、「THE VINTAGE 24 ビル」 地下

画像


なんと・・・、円山郵便局はよく利用するし、クリニックからも徒歩5分くらい

4年前に改装したらしいけど、全然気づかなかった・・・


階段を下りてゆくと

画像

画像



もうすでにライヴは盛り上がっていて

マキコさんと感動の再会を果たした私は


早速記念写真

画像


マキコさんのお父様と私の父は岩手医大の同期

そして、私がちょっとだけお姉さんなので、とても仲良し



今回のライヴは、弘前大学のJAZZ研究会のOB会

コウヘイさんがJAZZ研のOBで、マキコさんはゲスト参加、とのこと

仲間内で盛り上がっているところに、ワタシなんかがいても良いのかしら・・・

と、ちょっと緊張したけれど、

ライヴはとても楽しくて次第にリラックス

JAZZ研なので、今はプロになっている人もいれば、アマチュアのまま楽しんでいる人もいて

技量はそれぞれだけど、さすがにJAZZ研、ノリは最高でしたねぇ・・・



マキコさんはゲストで「Candy Box」というバンドに参加

このバンドはのリーダーはショウコさんという女医さんです

医者を続けながらピアニストなんて、羨ましい・・・



そして、マキコさんのご主人コウヘイさん

画像


コウヘイさんのベースもカッコイイ



そしてマキコさんはプロのサックス奏者オクノさんとのデュオ

画像



曲は 「You Don't Know What Love Is 」

この曲は私がJAZZに魅せられるきっかけになった曲



大学を卒業したばかりの頃、何気なく聴いた本田竹廣さんのアルバム[THIS IS HONDA」

その1曲目がこの曲


「愛とは何か・・、あなたは知らない」

まだ20代半ばで、悩み多き年頃・・・

勿論愛の意味なんて、まだ全然わかっていなかったワタシは

人を傷つけ、自分も傷つき・・・

そして、本田さんの演奏の迫力とともに、このタイトルが重く心に響き・・・

頭を殴られたような衝撃・・・

すっかり私は本田さんの音楽に魅せられて

そこから私のJAZZ道が始まったのです




そして、その日のマキコさんの演奏は

本田さんの演奏をしのぐほどの迫力で

画像


いつの間にか、私の目に涙が・・・

会場内のすべての人が息をのんでいるのが、手に取るようにわかりました


マキコさん、ホントに凄いです

昔から、その繊細かつ迫力ある演奏が大好きだったワタシ

ダメな生徒だったけど、レッスンの時にマキコさんの演奏をすぐそばで聴けることも

ワタシの密かな楽しみでした



そして、LIVEの最後はセッション

これがまた楽しみですね

即興で演奏を楽しむのがJAZZの醍醐味


途中で 「You’d be So Nice to Come Home to」

一応私のレパートリーでもあるので、演奏を聴きながら口ずさんでいると

JAZZ研の女性の方が 「もしよかったら一曲歌いませんか?」と声をかけてくださって

いくらなんでも恥ずかしかったので 「私はちょっと・・・」 と曖昧にお返事を

さらに、「イパネマの娘、をやるみたいなので歌いませんか」 とのお誘いも・・・

残念ながら、歌詞を見ないで唄えるのは「You’d be・・・」 と 「Fly me to The Moon」くらいで・・・

「イパネマの娘」 はうろ覚え、というか綺麗な発音で歌えるかどうか自信がなくて・・・

なにせ、JAZZ研の方たちですからねぇ・・・

ヴォーカルスクール休学中のワタシが歌うなんて・・、恥ずかしすぎる



そんな感じで、すっかりJAZZ研に馴染んでしまった私は

集合写真にまで写ってしまい・・・

画像




思いがけずマキコさんの演奏が聴けた夢のような週末でした



今度は札幌でマキコさんのカルテットのライヴをやりましょう~


楽しみにしていますね~






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

太朗冠者
2015年10月15日 07:55
至芸ですね。
まりにゃん
2015年10月16日 12:41
音楽って素敵ですね
私も音楽を聞いて(ピアノだったり 歌であったり)自然に涙か流れていたことがありました
ほのぼの
2015年10月17日 02:05
太朗冠者さんコメントありがとうございます私
勿論最高の芸ですが、芸術は相性もあります。
マキコさんの音楽は、昔から私の心の琴線に触れることが多いですね
ほのぼの
2015年10月17日 02:12
まりにゃんさんコメントありがとうございます
素晴らしい演奏でも、涙が出るほど感動することは少ないかもしれません
演奏者との相性もあるかもしれません。
マキコさんとは感性が似ているような気がしますし、何といっても選曲が最高でした。
マキコさんがこの曲を選んでくれたこと自体が感動です
気仙のまっさん
2015年10月17日 12:20
先日、達郎さんのライウ゛で感泣、マキコさんのカルテットライウ゛も機会があれば、是非聴きたいものです。盛岡で。
ゆのみ
2015年10月17日 19:50
「友遠方より来る。また、楽しからずや。」三千年前から変わらない真実ですね。ほのぼの先生は、若々しいですね。
ピンクのかすみ草
2015年10月18日 23:26
こんにちは 10月18日といえば ごうひろみさんのバースデーですね。おめでとうと伝えたいですね!嵐がきてファンが、アイドルを支えていることを再確認しました‥宮城からの、テレビ放送 先生は、みられましたか?
ほのぼの
2015年10月19日 23:28
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます
もう達郎さんのライヴにいらしたのですね。
羨ましい!!
札幌は12月です
楽しみです~

マキコさんは盛岡市菜園のアルディラというお店で週に2~3回ライヴ演奏をしています。
それ以外はピアノ教室のレッスンや、盛岡市内の劇場やホールでのライヴ、盛岡以外の演奏旅行も忙しいみたいです。
アルディラのホームページにライヴスケジュールが載っていますので、参考になさって、是非一度訪れてみてください
ほのぼの
2015年10月19日 23:37
ゆのみさんコメントありがとうございます
札幌に来た友人からの誘いは、とても懐かしくてワクワクします。
私のことを憶えていてくれて、会いたいと思ってくれるだけでとても嬉しいですね
私も出張先で懐かし友人に会うのが楽しみなのですが、連絡をするといつも快く会っていただけるので、とても幸せです
いくつになっても友人は宝物ですね
ほのぼの
2015年10月19日 23:45
ピンクのかすみ草さんコメントありがとうございます
昨日はひろみさんの誕生日でしたね
おめでとう、と伝えても喜んでいただけるかどうかわかりませんが…

嵐は嫌いではないですが、ライヴやテレビで見るほどではありません。
最近テレビはほとんど見ないので、宮城からの放送のことは知りませんでした
見るのはNHKの朝ドラと、NHKBSの過去の朝ドラ再放送、テニス中継とニュースくらいでしょうか

この記事へのトラックバック