久しぶりのジャズライヴと「いくらの醤油漬け」!!

盛岡時代のジャズピアノの先生「マキコさん」のライヴが札幌で開催され

久しぶりのジャズタイム~

会場は札幌円山の 「Live&Dining JAMUSICA」

地下鉄西28丁目駅とバスターミナルの間にあって

私の母校 札幌市立向陵中学校のお隣です


西28丁目駅は円山公園駅から一駅だけど

いつも車で通りすぎることが多いので

地下鉄駅を出た瞬間に、母校に来たような気がしてテンション上がりました~

向陵中学の校舎の玄関の上には校訓の「自主独立 明朗闊達」の文字が・・・

思えば、この二つの言葉が私の基本のような気がしますねぇ・・・


って、思い出に浸っている場合ではないですね~

「JAMUSICA」は初めてなので お店への階段を下りながら少し緊張~

そういえば、ライヴハウスは地下に降りる所が多いですね

20丁目にある「くう」、裏参道の「円山夜想」、ススキノの「デイ・バイ・デイ」

以前円山にあった「B♭」もそうでしたね

な~んて、お店に入るまでの前置きが長い!!



ということで、無事にお店に到着~

事前に予約してあったので、お店の方に名前を告げて中を見渡すと

入口近くに マキコさんとご主人のコウヘイさん(ベーシスト)がいらっしゃって

再会を祝してマキコさんと熱烈なハグ~

ホントに会えて良かった~

実は、今回のライヴはかなり前にマキコさんから連絡があって

でも、その日は旅行で不在の予定だったので 残念~なんて思っていたけれど

色々あって旅行の予定が中止になって

おかげでマキコさんに会うことができました~

DSC_0253トリミング.jpg


と・・、コウヘイさんのお友達がお隣にいらして

以前盛岡に住んでいたことがあるとのことで

これも何かのご縁なので 一緒にライヴを楽しむことに・・・


今回マキコさんは second ALBUM をリリースされたとのこと

勿論 first ALBUMも素敵だったけれど

今回もオリジナルとスタンダードを織り交ぜた魅力的な選曲

オリジナル曲は震災の悲しみを歌った 「Sad Sea」

アルバム タイトルの 「NEXT」

「Bokyo」(望郷)

そして 「Night Struttin’」

真夜中に(酔っぱらって?)闊歩している~って感じでしょうか

私も昔は、盛岡の街中を 千鳥足で歩いていたなぁ・・・

そういえば、Struttin’ で思い出すのは 

SONNY CLARK の 「COOL STRUTTIN'」

ジャケットの 黒いピンヒールの女性の足 が印象的でしたねぇ

こちらは都会的でカッコイイ~感じ~



スタンダードからは 私の大好きな 「My foolish  heart」

ベタだけど BILL EVANS の「Waltz for Debby」の中の演奏が好きです・・・

私が盛岡にさよならする直前の ピアノ教室の発表会ライヴで

私はこの曲を弾かせていただきました

BILL EVANS 風に・・・

だって、「愚かなりわが心」そんな心境だった私にとって

このアレンジが一番しっくり来たのです・・・


でも マキコさんの演奏はもっと凄かった

素晴らしいです マキコさん

私、涙が出そうになりました

何年か前に「円山夜想」で

マキコさんの「You don't know  what  Love is」を聞いた時に

私の中で 本田竹広さんの演奏を超えた・・・、と思ったけど

今回も感動・・・

マキコさんとコウヘイさん

DSC_0248.JPG

DSC_0250.JPG

早速その場で マキコさんの ALBUM購入しました~

牧子さんSecond Album(1).jpg
牧子さんSecond Album(②).jpg

ライヴ終了後はミュージシャンの皆さんの記念撮影

図々しくも 私もご一緒させていただきました~

2019年10月14日鈴木牧子カルテット 於ジャムジカ(3 ).jpg

写真撮影後はマキコさんとコウヘイさん、一緒にライヴを楽しんだお友達と少しだけおしゃべりを楽しんで

旅行に行けなかったのは残念だったけど

こうして素敵なライヴを聴くことができて 

そして 新しいお友達ができたことに感謝して

外に出ると ライヴの前に降り出していた雨もあがり・・・

たくさんの幸せを胸に家路についたのでした・・・



そんな訳で すぐに影響を受けてしまう私は

その日以来すっかりJazzyな毎日~

残業しながらiPodで本田竹広さんやマキコさんのアルバムを聴いて

やっぱり気分はボサ・ノヴァかなぁ・・・なんて

久しぶりに サリナ・ジョーンズの 「Antonio’s Song」

サリナジョーンズ(1).jpg
サリナジョーンズ(2.jpg

Jazzというより洋楽って感じでしょうか


「Antonio’s Song」 は30年くらい前にバンドで歌いました

どうしてもサリナ・ジョーンズ のギター アレンジを弾きたい・・・

というギタリストの希望で・・・ 私、一所懸命練習しました~

ヴォーカル スクールの初めての発表会でも歌ったくらい大好きな曲・・・



そして ボサノヴァといえば 小野リサさん

ALBUM 「Japao 3」は日本の曲をボサノヴァにアレンジしたALBUMの3枚目

小野リサ ジャポン3.jpg小野リサ ジャポン3.jpg82 ).jpg

この選曲 イイですねぇ

「ウナ・セラ・ディ東京」など ザ・ピーナッツの名曲は

これぞ昭和ムード歌謡 って感じのアレンジで 大好きです~

特に私が好きなのは 「たそがれマイ・ラブ」と「この空を飛べたら」

どちらも私のカラオケレパートリーで

大橋純子さんや加藤登紀子さん、中島みゆきさんみたいに感情込めて歌うのが王道だけど

ボサノヴァの時は アストラッド・ジルベルトのように

ビブラートや抑揚をつけずに歌います

この おさえた歌唱が 切なさを誘う・・・



ところで「この空を飛べたら」は大学生の頃の歌

いつもお酒を飲ませてもらっていたお店で

弾き語りをしていたマスターに勧められて

マスターのギターで「この空を飛べたら」とか「翼をください」とか、歌ってましたねぇ・・・

医学部生の私が歌っていると 

お客さまとして来ていた病院の先生がお酒をごちそうしてくださったり・・・

時には講義を受けていた教授がいらしたり・・・

学生時代から知り合いの先生がたくさんいて

芸は身を助ける・・・的な感じで・・・、いろいろ助けていただきました


それにしてもこの選曲・・・今考えると 

その頃から どこかに飛んでいきたいと思っていたのですねぇ・・・

今でもその気持ちは変わらないけど

もう無理かなぁ・・・



今では iPodが友達、そんな私は・・・

空想と妄想の中で一人で歌っているだけ・・・

でも、iPodを聴いていると テレビを見ないので

家に帰っても家事がはかどりますねぇ~

特にこの時期は 「いくらの醤油漬け」をまとめて作る季節

生筋子をほぐしながら 「今は冬~ そばに~あ~なた~は~い~ない~~

(たそがれマイ・ラブ

なんて歌っていると 生筋子の鮮度がよくわかります

新鮮な生筋子は 気持ち良く簡単にほぐれて

手触りも弾力があって・・・

美味しいいくらの醤油漬けを作るためには

まず、新鮮な生筋子を選ぶ

これに尽きる、って感じです



ということで 先週 とてもよさそうな生筋子を見つけたので

醤油漬け作ってみました~


イクラしょうゆ漬け.JPG



今季6回目~

ヘタな写真だけど

粒が大きくて 弾力があって 

面白いほどきれいにほぐれて ワクワクしちゃいますね~

一度に食べられない分は実家にもっていったり 冷凍したり~




な~んて ジャズの話が「いくら」で終りなんて

ちょっと飛びすぎでしたね~

マキコさん ごめんなさい

また、お会いできる日を楽しみにしていますね~



私もジャズヴォーカル レッスン 再開しようかなぁ・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2019年11月22日 18:40
マキコ先生のお名前は以前のブログで周知しておりましたが、素晴らしいパフォーマンスですね。ビルエヴァンスさんの映画見逃してしまい後悔しております。それにしてもjazzから生いくら、話題に事欠かない先生さすがです?大変お忙しい中オンオフの切り替え、いつも敬服しております。先生のヴーカル聴きたいものです。くれぐれもご自愛なされ、ご機嫌な日々でありますように心より願っております。
親父サーファー
2019年11月23日 19:51
ウナ・セラ・ディ東京のボサノバ聞いてみよ🎵   ブログ継続嬉しいぞい。
ほのぼの
2019年11月24日 00:09
匿名さんコメントありがとうございます。
マキコさんのピアノは本当に素敵です!
繊細かつダイナミック~🎹
女性のジャズピアニストでは、大西順子さんと同じくらい大好きです💛

ビル・エヴァンスの映画、私も見ていません。
女性関係や、麻薬とアルコールに蝕まれた短い生涯でしたね。
そんな苦悩が「My foolish heart」から伝わってくるような気がします・・・😢

ホントにいつもながらとりとめなく、「いくら」で終わってしまいました・・・😅
でも、「生筋子」をほぐして「いくら」になる過程を楽しむ、そんな、歌いながらできる単純作業は結構気分転換になります。
私の歌は本当に宴会芸で、モノマネみたいなものなのですが、ジャズの場合はスタンダードでもアレンジ次第で違う曲になります。
モノマネではない自分の個性が出せるのはジャズしかないような気がしています。
また、レッスンを再開したいと思っています。
寒くなってきましたので、匿名さんもお身体を大切にご自愛くださいませ。
ほのぼの
2019年11月24日 00:33
親父サーファーさんコメントありがとうございます。
「ウナ・セラ・ディ東京」ホントに良いです!
このアルバムはお薦めですよ💛
ちなみに「恋のバカンス」はサンバです🎵
すべてがボサノヴァではないのですが、ブラジル系の音楽です。

ブログ継続を喜んでいただけて、私もうれしいです💓
半年間中断してしまったのは、忙しかったこと、ブログ管理画面がリニューアルされて、記事投稿に不都合が多かったこと(今は少しずつ改善されていますが)、私の体調が悪かったこと(心身ともに)などがありましたが、また書きたいことが沢山ありますので、これからも継続していきます
これからも、引き続きご愛読いただければ嬉しいです💛
「ほのぼの半妄想ストーリー「」も載せますよ~💕
気仙のまっさん
2019年11月24日 10:14
すみませんでした。匿名は、気仙のまっさんです。
ほのぼの
2019年11月24日 13:40
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます。
コメントを読ませていただいて、気仙のまっさんさんのお名前が浮かんだのですが・・。
ブログリニューアルで、コメント投稿もわかりにくくなって、私も間違って自分のコメントを消してしまったり・・・😞
少し慣れてきたので、ブログ更新頻度も多くしたいと思っています。
これからもよろしくお願いします!