新型コロナウイルス感染拡大が心配です・・・

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しています

前回のブログ更新で私なりに危機感を発信したつもりでしたが

芸能人のブログのように多くの読者がいるわけでもないし・・・

何の役にもたたない・・・

そんな無力感はありますが

それでも書かずにはいられない

それほど今の日本は危機的な状況にあると思います



さすがに首都圏に自粛要請がでたことで少し危機感がでてきたようですね

それでも、要請が出た日の夜に集団で遊び歩いてる若者が

「要請ってことはお願いだから、聞いても聞かなくても自由だよね」

「ほんとにダメなら命令してよ」

「不要不急っていわれたけど、友達と会うのは自分にとって必要だから」

「桜はすぐに散ってしまうから、今見ないと」

みたいな言葉を発しているのをみると おばさんは背筋が寒くなります

もしかして、あなたもあなたの家族も来年の桜が見られなくなるかもしれませんよ



ここ数日東京の感染者数が増加しているのがとても心配ですが

この数字は潜伏期間を考えると10日から2週間前の感染状況です

先週末に行われたさいたまスーパーアリーナのイベントや

地下アイドルのライブのことを考えると

今週末にはさらに急激な感染者の増加の可能性が心配ですね・・・


特にさいたまスーパーアリーナは6000人以上のイベント

さいたまスーパーアリーナには私も何度か行ったことがあって

スタンドの上の方やアリーナに座ったことがあります

スタンドの上の席はかなり急傾斜の座席で

そこからマスク無しで大声を出して2mくらいの飛沫が飛んだとすると

かなり下の段まで飛沫が拡散しますね

さらに空中のエアロゾルが漂っていけばアリーナ席まで届いていく可能性はあるかも・・・

なんて・・・、私の妄想ですが・・・


しかも、6000人以上のイベントとなると全国から集まっているので

もしそこがクラスターになってしまえば

もはやそこからの感染拡大をつぶしていくことは不可能・・・

今から恐怖です

勿論、全員が最後までマスクを外さずにいたのであれば話は別ですが



ところで、世界中の危機的な状況がテレビやネットで報道されているのに

なぜこれほど楽観的でいられる人が多いのか・・・


先日テレビで「正常性バイアス」の話をされている人がいました

正常性バイアスとは

異常な事態、予期しない事態が起こった時

それを正常な範囲内の出来事としてとらえて 心を正常に保とうとする働きのこと

異常事態に過剰に反応して 心が疲弊しないための自己防衛のような働きです

例えば 感染の確率が10%であれば、自分は残りの90%に入るに違いない と考えて平静を保つ

あるいは、様々な意見があれば、悲観的なものより楽観的なものを信じやすくなる

勿論病気になってしまったら、ある程度楽観的にならないとストレスで免疫力が下がってしまうので

楽観的になることも必要ですが

病気の予防、感染予防のためには 常に最悪の状況を予測するに越したことはありません


北海道の感染者が一番多かった時

北海道民は危機感をもって知事の要請に従いました

北海道外の人は他人事と思っていたかもしれませんが

首都圏を含めて他の地域の人たちが何故そんなに楽観的でいられるのか・・・

私の周りではそう思っている人はたくさんいました

人口密度や観光客の人数、クルーズ船の影響を考えると

いつか東京で爆発的な感染拡大が起こるのではないか・・・


私は 職業柄常に最悪の事態を想定する癖がついていて

あまり楽観的な人間ではないので 毎日ドキドキです




芸能人や野球選手の感染も報道され

「ついに芸能界やプロ野球界まで感染拡大・・・」

芸能人やスポーツ選手が感染しないわけではないので

これも正常性バイアスですね

毎日元気にテレビに出ている人が感染するわけがない・・・

テレビが正常に放映されていることで

東京は大丈夫 という安心感を得ている



クルーズ船の対応に苦慮していた時期の日本に対する

欧米諸国の反応も同じです

一番危険なのは中国よりも日本

アメリカにいる知人が 日本人であるというだけで身の危険を感じる

と言っていました


それが今では欧米諸国での感染拡大が広がっています


でも、それも対岸の火事ではない・・・ということを決して忘れてはいけません

海外旅行から帰国した若者の感染が増えている、ということも・・・



勿論北海道も同様です

未だに海外渡航歴と4日以上の発熱がないとPCR検査を行ってもらえません

かかりつけ医が依頼しても・・です

いつまた、感染拡大が起こらないとも限らない


なので、常に自分が感染していると思って行動してほしいのです




一番怖いのは医療崩壊です

大きな病院でも マスクの支給頻度が減っている

防護衣が足りない、と言われていて

これ以上感染が拡大したら人工呼吸器や人工心肺なども不足する可能性もあります


私のクリニックでも診療に必要な衛生材料が手に入らなくなっています

2月と3月はマスクの入荷はなく

アルコール消毒液は2月には2本のみ、3月には入荷しませんでした

頻回に体温を測定することがあるので

体温計を補充しようと思ったら6月まで入りませんと言われました

1月に危機感を感じて、発注したマスクと消毒液は入荷したので

(その辺のアンテナは結構敏感で、炭鉱のカナリヤのような・・・

とりあえずある程度の在庫はありますが・・・

長期戦になるとかなりつらい・・・



受診する患者さまの数も減っているので

経営状態には不安がありますが

患者さま自身が外出を控えていることの現れなので

なんとなくホッとする部分もあります

でも、そんな中でも受診される患者さまはやはり急を要する症状の方が多いのですが

いつもよりゆっくり診察することができて

待ち時間が少し短くなっているので

それはそれでよいのかもしれません

なんとなく 開業当初のような雰囲気ですね・・・




ところで、テレビでは感染拡大地域の話ばかり報道していますが

感染者がいない地域のことをなぜ報道しないのでしょうか

その地域の特性を分析することで

感染予防のヒントが得られるような気がします



例えば、私の母校岩手医大がある岩手県盛岡市

岩手県ではまだ感染者の報告がありません

地下鉄も地下街もなく、通勤は自家用車か自転車、バイクなど

路線バスはあるけれど、頻回にバス停で止まってドアがあいたり

窓も開けることができるので、換気は悪くない


数年前に盛岡に行った時

二次会で夜の繁華街を歩いてみたら

土曜日だというのにほとんど人が歩いていませんでした

お店も開いていなかったし、開いていても閉店時間が早い・・・

岩手医大と附属病院が近郊の町に移転して、盛岡中心部に学生も医師もいなくなって・・・

寂しい街になったなぁ・・・、なんて思ったけれど

それが感染予防になっていたのかもしれませんね

しかも、一人も感染者(発症?)がいない盛岡でさえ 

ライブハウスのライブは中止になっています

地元を愛する気持ちからなのだと思いますが

ミュージシャンの皆さんの気持ちを考えると

本当に胸が痛みます

今は 頑張って 耐えてくださいね



私も、札幌を盛岡を、そして日本を愛しています

これ以上感染が拡大して悲惨な状況になってほしくない

犠牲者が増えないでほしい

心から祈っています



自分ができること以外は祈るしかない・・・

こんなに無力感を感じることはありませんね

自分の努力だけで自分の命を守ることもできないなんて・・・

自分や家族の命が他人の行動にゆだねられているなんて・・・

これ以上の恐怖はありません

ある意味殺人です・・・



それでも、こんな状況のなかでも

世界中の多くの医師や研究者の努力で

コロナウイルスの特性が少しずつ分かってきました

詳細については厚労省のホームページやテレビ局の特設サイトなどを見ていただければ・・・



最近言われているのはBCGの効果

BCGの接種が行われていない地域に重症者が多いという報告もあり

既にBCG接種を始めている国もあるというお話も・・

BCGは膀胱癌の局所再発予防の目的で術後に膀胱内注入として使われています

かなり昔から行われている確立した治療方法です

細菌学の研究者の知人からも

結核菌で免疫力が上がるという話を聞いたことがあります


もしそうであれば、結核予防法の成立以降に生まれた日本人にとっては朗報ですね

とはいえ、感染しないという訳ではなく

中国もBCGは行っているはず

医療崩壊をおこしてしまえば 助かる人も助からない ということです



こうして、多くの研究者と最前線の医療従事者が新型コロナウイルスと戦っています

その努力にこたえるためにも

私たちは 感染拡大を予防するために

自分のできる自粛をしなければならないと思います



若い人の言動が注目されていますが

今日のニュースでは 巣鴨もかなりにぎわっていたとのこと

自分を高齢者と思っていないお年寄りは意外と多いのです

気持ちは若くても肉体は確実に年をとっています

かく言う私も死亡率が高くなる年齢層ですが・・・



一日も早く 平和な生活を取り戻せるように

来年こそ美しい桜を見ることができるように

今は少しの間 我慢しましょう


私も 通常の診療にもどれるように・・・

お友達とお食事に行ける日

美味しいお酒が飲める日

コンサートやライヴに行ける日々を早く取り戻せるように

頑張ります



そして、みんなで愛する日本を、地球を守りましょう






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

気仙のまっさん
2020年03月30日 13:39
いつもありがとうございます。医療崩壊が心配になりますが、医療関係者の皆様のご努力には、頭が下がるばかりです。早い収束を心より願っております。辛抱、我慢も受け入れ、自身の力を高めながら、笑顔を忘れず、わくわく感を忘れず、ライブ参戦を願いつつ過ごしていきたいと思っています。先生、皆様には、健康で素晴らしい日が続きますように願っております。負けるわけにはいかない戦いです。頑張りましょう。
親父サーファー
2020年03月31日 12:13
ためになる、安心できる内容のブログです。知り合いにも紹介しますね💪
ほのぼの
2020年04月01日 01:28
気仙のまっさんさんコメントありがとうございます。
昨日も東京の感染者数は最多を更新しました。
感染が疑われる帰国者が検査を拒否したり、自粛もできない日本人が情けないです😢
命より大切なものとはいったい何でしょうか。
緊急事態宣言を出すべき、という医師会からの要望も無視され、アメリカやヨーロッパで働く医師からのメッセージも届かない。
日本政府はいったい何に忖度しているのでしょうか。
東京がニューヨークのようになってしまってからでは遅いです!!
本当に負けるわけにはいかない戦いです。
腹立たしい思いを抱えながら、無力感に打ちひしがれています😢
ほのぼの
2020年04月01日 01:40
親父サーファーさんコメントありがとうございます。
近いうちに必ず治療方法が見つかると信じています。
その前に命を落としてしまってはいけません!!
何の力もない女医の独り言ですが、今の私は「歌を忘れた炭鉱のカナリア」状態です・・・😢
親父サーファーさんのお友達にも、この危機感をお伝えいただければ幸いです。
くれぐれもご自愛ください。
よろしくお願いいたします。