松任谷由実コンサートに行ってきました~!!

4月から始まったユーミンコンサートツアー「Road Show」
今回の札幌公演は2日間

盛岡にいた頃はファンクラブの友達にチケットをとってもらって、アリーナツアーによく行きました
ユーミンがゴンドラで降りてきたり・・・、まるでサーカスかイリュージョンの世界

札幌に戻って初めてのコンサート
2月初めに先行抽選予約に申し込んだら、ラッキーにも当選して
しかも3列目


会場ではお決まりの写真撮影をして、友達のために携帯ストラップ購入

画像

画像




そしてワクワクのオープニング
「ひとつの恋が終わる時」のドラムの音が心臓に響いて・・・、耳も痛い~

そういえばアリーナツアーの時も、終わった後はしばらく難聴状態だったような・・・


「Road Show」は、ユーミンの曲をつなぎ合わせて、一つの映画のストーリーを作るというもの

夏の終わりとともに終わる恋・・・、って感じかな

夏の終わりは、誰もが何故かふと寂しさを感じるもの

もしかして、冬に失恋するよりも辛いかも・・・


ユーミンの言葉

「どんな素晴らしい映画のストーリーも、本当の人生にはかなわない。

なぜなら、映画には結末があるけど、人生には筋書きも結末もないから・・・」


答えのない人生を生きなければならないからこそ、人は答えの出ている映画に夢を求めるのかもしれませんね

そして現実に戻って、また頑張ろう、って

映画の中に自分の人生の一ページを映しだしたりして・・・




ところでユーミンの衣装

ユーミンはポニーテールとプリンセスラインのワンピースや、Hラインのコートがホントに似合いますねぇ・・・
1950年代のようなレトロ感が私好み

それに衣装替えがとにかく速い
イントロの間に着物に着替えてきた時には、感動


あっという間の2時間半、休憩なしで歌って踊って
しかも暑そうな衣装で・・・すごいなぁ~

私も1時間半以上は立っていたかも・・・、4時起きゴルフのあとは結構つらい


そして、アンコールも終わって場内アナウンスが流れ、みんな帰りかけたその時

ユーミン再々登場


なんと、私の大好きな「やさしさに包まれたなら」 を、アコースティックに・・


この曲はユーミン3枚目のシングルで1974年リリース
B面は「魔法の鏡」  これもまたせつない乙女心・・・

荒井由実時代の歌はどれもみんな、いじらしい乙女の姿が浮かんでくるのです

若い頃の自分を思い出すなぁ・・・


「やさしさに包まれたなら」の歌い出し、

「小さい頃は神様がいて 不思議に夢をかなえてくれた~

っていう歌詞でいつも父を思い出します

子供の頃は何でも自分でできたような気がしていたけど、それは本当は周りが助けてくれていたおかげ・・・

不思議に夢をかなえてくれて、毎日愛を届けてくれた・・父が大好きでした

大人になってから、そんなことに気づくのです



そして最後、ユーミンは何度も何度も「ありがとう」 って言いながら、手を振って
顔をクシャクシャにして泣いていた・・・

私も思わず涙

ユーミンありがとう

身体は疲れているけど、心は元気になりましたぁ~




ついでにおまけ
高校生の頃からユーミン大好きで、ともに年をとってきた私の懐かしい姿

画像

               17年前にバンドで弾き語り

               「卒業写真」と「翳りゆく部屋」


     
       そして20世紀最後の年の忘年会で「輪舞曲」を歌った時の・・・

画像

画像

               後ろは医局の先生たちのSMAP
               
               題して「ユーミン・SMAP夢の共演!!」


ありえな~い


最後にちょっとアブナイもの見せちゃいました~

"松任谷由実コンサートに行ってきました~!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント