第58回 日本透析医学会総会に行ってきました~!!

昨年札幌で開催された日本透析医学会総会の、今年の開催地は福岡~


福岡の学会は2006年4月の日本泌尿器科学会総会以来なので、7年ぶり


福岡は、国内では恐らく札幌から直行便で行ける最も遠い場所

札幌から往路は約2時間半、復路はフォローの風なら1時間50分なので、意外と近いような気もしますねぇ・・・



木曜の午前の仕事を終えて、新千歳空港へ急ぎ、ANA直行便で一路福岡へ~

飛行機の中の2時間半は、私にとってリラックスタイム

音楽を聴いたり、本を読んだり・・・

離着陸以外の時間は電波を発しない電子機器は使用可能なので、私のiPod nanoは必需品



でも、今回のANAの機内オーディオプログラムは、小野リサさんの特集

「小野リサSpecial ~Ceu de Bossa~」

日本の歌をボサノヴァにアレンジしたリサさんのアルバム、第2弾「Japao 2」のリリースを記念した特集

画像


曲目もホントに素敵 

今回ANAプログラムで流れた曲は井上陽水さん書下ろしの「青いフラミンゴ」や、

「ブルーライト・ヨコハマ」「グッド・バイ・マイ・ラブ」「オリビアを聴きながら」「今は、このまま」など懐かしい曲のボサノヴァアレンジ・・・


中でも、とても好きなのは松任谷由実さんの「水の影」

この曲は1980年にリリースされたアルバム「時のないホテル」に収録されている曲で

昨年発売されたベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」にも入っています



ヘッドホンで音楽を聴きながら、軽食をいただき

少しおなかも満たされて・・・

リサさんの温かい声で、ボサノヴァアレンジの「水の影」を聴いているうちに、

なんだか眠気が・・・





こうして一人旅をするのは何年ぶりかしら

別にあてなどない旅だけど

今の私はどこにいても、ただの旅人

それが、たとえ異国の街でも、のどかな風が吹くとなり町でも・・・

だから、本当の旅人になってみたかったの・・・


何も言わず立ち去るあなたの肩を見ていた時

声にならないあなたの言葉が聞こえたような気がしたわ・・・

あなたをもっと憎むことができたなら、こんなに孤独にならずに済んだのに


人はみな、「昨日」という名の岸辺から

ゴンドラに乗って、「時間」という名の川を渡り・・・

いつか、思い出に手を振る日が来るのね


そんな日が訪れるまでは、束の間だけでも

つらい現実に背を向けることを許してほしい・・・


けれど、そんな弱い自分を責めながらも

傷つきやすい心は持ち続けていたい・・・、と思っているの・・・






「皆様、ベルト着用のサインが点灯しました。当機はまもなく着陸態勢に入ります。

ご使用になりましたお座席の背、テーブルは元の位置にお戻しください・・・」


あれ~!!いつの間にか寝てしまった

「水の影」を聴いているうちに、夢かうつつかわからなくなってしまったけど・・・


夢だったのね・・・



ということで、無事福岡空港に着陸~

やっぱり雨でした・・・

だって、九州地方は台風接近中

最近の学会はいつも雨だなぁ・・・

私って雨女・・・???



とは言え、まずはタクシーで宿泊先のグランド・ハイアット福岡に~

チェックインするともう薄暗くなっていたけど、

朝の学会場は受付が超混雑するので、夜のうちに受付を済まそう・・・

ということでホテル日航福岡へ・・・、そして無事受付終了~




雨がひどかったので、夜はホテルの部屋でルームサービスをいただきながら、のんびり~

翌日は友達とイタリアンを食べる約束をしていたので、和食でも・・・、

と思ってメニューを見ると、夏だというのになぜか鍋焼きうどんが・・・

画像


地鶏が入ったうどん、ということで、急に食べてみたくなって・・・

それだけ外は涼しかった、ということなのですね・・・

でも、これがなかなか美味しくて、満腹~

久しぶりにテレビを見たり、くつろいだ夜でした




翌朝はまたまたルームサービスで朝食をいただき・・・

黙っていても朝食が出てくるなんて、シアワセ~


一夜明けて少し雨も小降りになって、早朝から学会場の「福岡国際会議場」へ

画像

画像


受付は済ませてあったので、コングレスバッグを受け取って

専門医登録

画像

これが大事なのです


それにしても、相変わらず透析医学会は人が多くて・・・

会場を一回りして、講演を拝聴して

ちょっと疲れたので、気分転換にお土産を買いに天神方面へ~



つづく・・・



このブログは、松任谷由実さんの楽曲「水の影」をモチーフにした、フィクションが含まれています・・・


"第58回 日本透析医学会総会に行ってきました~!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント