北海道神宮に初詣!!

今年も恒例の北海道神宮初詣

いつも私は3日に行くことにしていますが、その理由は1日、2日に比べて比較的混雑が緩和されているから

のはずが・・・、今年はいつになく人が多い・・・

駐車場への列は三が日で一番多いかも・・・

5日までお休みの人が多いからでしょうか

でも、私は4日から仕事だったので、人混みが苦手だけど頑張って行ってきました~



北海道神宮までは徒歩で

円山公園の中を通って、坂を上って行くと鳥居が見えて

画像

画像


やっぱり、いつもより人が多い

しかも路面凍結の坂道・・、みんな転倒しないで上手に歩いていますねぇ



まずは、開拓神社にお参り

画像

画像


円山公園から上がると、開拓神社は本殿に行く前にあるのですが、結構素通りする人が多いですね

でも、最近は立ち寄ってくださる方も増えているようです


勿論私も・・・、小さな社だけど、ご先祖様が祭られていますからね

画像

画像


私が小学生の頃は、「北海道開拓史」の授業があって

教科書にご先祖様の名前が出てきたときは、なんだか誇らしかった記憶があります


開拓神社はこんなかんじ

画像

画像

画像

画像


結構雪も降っていました


ということで、「開拓神社」に健康と家内安全祈願のお札を納め、本殿へと・・・


本殿までの道はいろいろお店が出ていて、賑わっていました

画像



表参道に出ると、突然 「先生、あけましておめでとうございます」 と声をかけられ・・・

以前勤務していた病院の事務の方でした・・・

開業以来初めてかも・・・

こんな人ごみの中で、見つけてくださるなんて、凄い・・・


私はとにかく転ばないように、写真を撮るとき以外は足元だけ見て歩いていますからね

(まぁ、普段もあまり周りを見ないで歩いてますが・・・

だって、昔父が初詣の時に転んで骨折したことがあって

厄年か還暦の時だったような・・・

神様にお参りした後に怪我するなんて、悲しさ倍増ですよね・・・



本殿の前もいつもより人が多い

画像

道路はツルツルです

画像

画像



無事お参りを済ませ、お札とお守り、破魔矢をいただき

やはり、交通安全と健康ですよね


そして、おみくじ・・・

なんと、今年は大吉~!!

何年ぶりでしょうか

しかも、とても良いことが書いてありました

内緒ですが・・・


おみくじの通りになるように、今年も益々精進しなければ・・・、と心に誓い、神宮を後に



帰るころには雪も結構強くなっていたけど、車道の雪は解けていましたね

比較的暖かいお参りでした



初詣の後は自宅で仕事、雑用ですが・・・

月末月初はいろいろあって、年末年始も関係ないですからね




夜はまたまた実家でご飯

休みに入ってから、毎日実家で食べているワタシ・・・

お正月3日目は、オムライスとサラダ

基本、トマトソースやケチャップ味が好きなので、前日から決めていました

おせちに使った鶏肉が残っていたので、チキンライスにして、それを卵でくるんで・・・

って、作ったのは妹です・・・


美味しそうにできましたねぇ

画像


最近、オムライスというと、ご飯の上にふわふわのオムレツが乗っていて、デミグラスソースで・・・、というのが多くて

そんなおしゃれなオムライスも嫌いではないので、食べることもあるけど

私はやはり、ケチャップがかかっている、昔ながらのオムライスが好きです


「やっぱりオムライスはケチャップよねぇ・・・」と言いながら

美味しくいただきました~


食後は勿論、黒豆

これも好きで、お正月の間は毎日食べています

黒豆の煮汁を飲むと声が良くなる、なんて小さいころからいつも母に言われました

それもあって、美声を目指して黒豆はよく食べました

そのおかげでしょうか、今でも歌うときは結構声が出ますねぇ・・・


実際、黒豆の煮汁には声帯の炎症を抑える効果があるらしいです

それ以外にも、ポリフェノールやイソフラボン、各種ビタミン

例えば血行を良くするビタミンEや、むくみをとるビタミンBも多いですからね

食物繊維も多いので、便秘解消にも効果があり

美容やダイエットに最適の食べ物、ってことですよね


ただ、甘く煮た黒豆の煮汁はちょっとカロリーが高いので、ご注意ください

私は、その甘いのが好きですが・・・



初詣の話題から、いつの間にか黒豆の話になってしまいました

相変わらず、話が飛びますねぇ・・・



そんなこんなで、今年も思わぬところで思わぬ話題が出てくる「日記」になりそうですが

何が出てくるか・・・、お楽しみいただければ幸いです


本年もご愛読のほど、よろしくお願い申し上げま~す

"北海道神宮に初詣!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント